オーストリアの卵カップ

少し前はじめて赤ちゃんを連れてオーストリアの家族を訪ねてきた。そのとき、母から昔の卵カップをもらった。オーストリアでの朝食のときゆで卵を食べたかったら、頼むとき普通に何分を聞かれてる。という意味は柔らかくて、中身はまだちょっと温泉卵みたいない感じ(4−5分)、又は固い友語(10分)。もちろん、自分の希望のとおり何分を決められる。
austrian-egg-cups

特に柔らかい卵ならば、卵カップが必要なんだけど、なかなか日本にみたことない。母からもらったカップはめちゃ古くて、めちゃ懐かしい。兄弟の三人の一人ひとりの名前が書いていた。これから沢山の5分卵を食べよう!

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

山菜の季節

今朝起きて、雨が窓を叩いた。山菜の季節がそろそろ終わりそうな感じだ。一番好きな季節から梅雨にこの変換では、いつもちょっと寂しくなる。でも、今年僕が一番好きな和食をたくさん楽しんでいたから、感じがすこしやわらかくなった。今年山菜を夢中程食べた。

日本以外あまり食べられているこの山菜、特に山菜天麩羅と冷酒、僕は断れない料理だ。 続きを読む

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

大日山と山菜

先週末初めて小松市の一番高い山を登った:大日山。あまり難しくない山なのに、とってもきれいな新緑と素晴らしいブナの尾根を楽しめる。山上からの白山までの景色も素晴らしかった。これまでもう十分なのに、その上あの日いっぱいの山菜、特にコシアブラを採れて、うまい夕食を作った。まるで最高の一日。

Climbing along the beech tree ridge

実は違う目的に向かっていたけど、工事のため道は通行止になった。それで計画変更して、大日山に行くことになった。 続く

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

ポヴィドル・ゴラーチェとラッテッラ

ウイーンにいる間にいつもいろんな事を食べているし、飲んでいるし、時にアイスクリーム。今回はアイスクリームじゃなくて、他の特色なお菓子と飲み物を紹介する:「Powidlgolatsche」(ポヴィドル・ゴラーチェ)と「Lattella」(ラッテッラ):
Powidlgolatsche-Lattella

「Powidl」(ポヴィドル)はプルーン・ジャムみたいな事ですが、普通にジャムの使い方が違う。「Golatsche」(ゴラーチェ)は外側サクサクして、いろんな中身に入れ込んだデニッシュだ。だから、「Powdidlgolatsche」はポヴィドルが入っているデニッシュだ。大好き!!!

ちなみに、ドイツ人と西オーストリア人は、両方の単語を全くしらない。ドイツのドイツ語で「Powidl」は「Pflaumenmus」(つまらない!)、「Golatsche」は「Plunder」か「Tasche」を使われている。そんなにつまらない単語を使わなくていいって、ウイーン人が恵まれている。

そして、「Lattella」(ラッテッラ)はオーストリアの会社の、内容は乳清(ホエイ)と果物の乳製品だ。この1979年から売られている飲み物はオーストラリアに大人気だ。昔々マンゴの味だけだったけど、今いろんな味がある:マンゴ、マラクヤ、パパーヤ、キウィ、パイン、イチゴ、オレンジ等。

読者の皆さん、今度オーストリアへ行く時、ぜひぜひポヴィドル・ゴラーチェとラッテッラを試してみて下さい。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

ウイーンの名物:あんずたけ・ゼンメル入りだんご

キノコが大好きな僕は、日本の立派なキノコをよく食べているけど、日本のキノコとヨーロッパのキノコが全く違うなので、ウイーンの出張の時、友人からウイーンの名物「あんずたけ・ゼンメル入りだんご」を作ってくれた。実は、今のあんずたけの時期だから、もう四回あんずだけをたべた。
eierschwammer6

今回はあんずたけとゼンメル入りだんごだ。 続く

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

How to make Umeshu

The Japanese Umeshu, a kind of plum liquor, is a very special delicacy. Incomparable to the rubbish you get at the Chinese restaurant. We got a huge box of young plums from friends living in Wakayama prefecture, which is famous for its plums, see Ume garden in Minabe. And of course I immediately went forth to make a huge amount of Umeshu.

Mixing with block sugar and white liquor as they call it - now we have to wait!

It is not difficult, quickly made, ingredients are cheap, and your are not required to buy the often far too sweet Umeshu that is sold in shops. Read one for details how to make Umeshu!

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

僕の天国:ウドの夕食

山菜が大好きな僕は、先週末天国を訪ねた。友人と一緒に最初ウドを取りに行って、自宅でいろんなウド料理を作って、四人で最高な夕食をいただいた。ウドの天ぷら、ウドのきんぴら、ウドの刺身、白峰の堅豆腐、日本酒。まるで天国だ。

Udo dinner is ready - udo tempura, udo sashimi, udo kimpila

今年の最後の山菜だったから、特別の御馳走になった。 続き

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

オーストリアのダールボ・ジャムと自家製のパン

やっと妻は見つけてくれた:オーストリアのダールボ「d’arbo」ジャム。大体毎朝パンとジャムを食べている僕らは、美味しいジャムをいつも探している。「美味しい」というのは、ジャムに対して、簡単な事だ:実の割合が高ければ高い方が美味しい!だって、一杯の砂糖とゼラチンが要らない。d’arboのジャムは。。。70%の実の割合。。。

breakfast-bread-jam-cheese

このジャムと自家製の黒パンの朝食は最高だ。ちなみに、午後の軽食と夕食もびったり! 続き

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author