GW 2014 – 自家製リコッタとリコッタ・ニョッキ

GWの後半の金曜日の晩、友達との宴会。それのため、自家製リコッタでリコッタ・ニョッキを作った。

リコッタの作り方

自家製リコッタのため、最初沢山ミルクとお酢かレモンだけ必要だ。600gのリコッタのため、牛乳が4l位を使った。よくまぜながら、牛乳をゆっくり温める。沸かすまでじゃなくて、温度は80度と90度の間ならば、一番いい。温度計がない場合は、鍋の壁少しフアフアするまで温めるという。

正しい温度になった途端、火を消すと、味が少ないお酢かレモン入れる。お酢ならば、スプーンが5つ位。レモンならば、もう少し必要かもしれない。ちゃんとまぜて、牛乳の油と液が分裂し、液が薄い黄色と白いだまになる。

液を外すため、それを全部薄薄いシートに入れて、残ってる白い部分を休ませる。硬いリコッタの方が好きだったら、シートを絞ることも出来る。

レモンを使った場合は、リコッタはちょっとレモンのフレシュな味を持ってる。欲しかったら、是非!

リコッタ・ニョッキの作り方

自家製リコッタか買ったリコッタ500g、卵が2個、125g摩り下ろしたパルメジャーノ・チーズ、塩がちょびっとをスムーズなドウまで混ぜる。小麦粉を加えって、まだ柔らかくて、粘くないドウを作る。ドウをスプーンが2つで沸かしてるお湯に入れて、浮上まで茹でる。

出来上がった製品の写真がない、すぐ全部食べてしまった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre lang="" line="" escaped="" cssfile="">