Tagged: Ski touring

one of the types of mountaineering

0

バックカントリー 御前岳下部、またはなぜ北陸が大好き

なぜ北陸が大好きなのは、昨日の一日は一番いい説明だ。朝大雨で出発して、白川郷の周りにバックカントリーに行った。雪が多い斜面で大変なラッセルになって、沢山汗をかいて、稜線まで頑張った。その後、めちゃ深いパウダーの中浮かび滑った。下に着いたから、スキー場である昔の喫茶店、今普通のお家に立ち寄って、美味しい栃餅を食べさせていただいて、金沢までの帰り道途中で温泉に入って、露天風呂からの素晴らしい景色を楽しんで、金沢へ戻った。ここまで普通の山スキーの日だったけど、その後加賀へ向かって、好きなカフェで妻を会って、海岸の散歩したり、夕方のキレイな太陽の光を楽しんだ。 やっぱり、世界この感じで生き過ごせる場所は少ないと思う。だから、この北陸が大好きだ。

0

バックカントリー 神奈山 (Ski tour Mount Kanna)

北海道だけじゃなくて、北陸でも素晴らしいパウダーがいっぱいある!そして、北海道の硬いパウダーに比べたら、うちのパウダーはとっても柔らかい。先週末このパウダーが沢山沢山沢山食べていた。新潟県の妙高山のとなりの神奈山を登って、狂って狂ってパウダーに滑り降りた。 そこは、ヘリコプターが欲しかった。何回も何回も山頂に戻って、滑り降りたかった。最高の日だった。

0

ニセコのバックカントリー:羊蹄山 (Ski touring in Niseko – Yoteisan)

山岳ガイド資格更新研修会の後、アドベンチャーガイズの近藤謙司さんにニセコに誘われてもらった。大勢なお客さんと一緒に、二日間ニセコの周りバックカントリーへ。土曜日の朝お客さんを新千歳空港まで迎えに行ってから、バスでニセコへ移動した。この日の午後蘭越町チセヌプリスキー場の周辺短いツアーにした。悪い天候なのに、日曜日羊蹄山を登った。 (English summary: A 2 day trip to Niseko, with a short afternoon tour at Rankoshicho Chisenupuri Ski area and a full tour in bad weather onto Mount Yotei. See below for a bit...

0

バックカントリー 富良野岳

山岳ガイド研修会の最後の日の目的:北側からの富良野岳。今週の毎日のとおり、今日も強風。富良野岳の上部はよく凍っているから、アイゼンとピッケルを持ち、宿から出発。一日バックカントリーを楽しみ。 (English summary: Ski touring Furanodake from the north side. Since the upper parts are often quite hard, crampons and axe are recommendable) 最初道沿い200mくらい降りて、川を渡って、森に入る。森の中のオリエンテーションは難しい。古いトラックがなかったら、この凸凹な環境に迷いそうだ。

0

ニセコの山岳スキー:羊蹄山

日曜日のニセコの山岳スキー目的:羊蹄山。駐車場から最初道沿い登って、森に入ってから、だんだんあがっている。下部風がないし、温度もそんなに低くないし、快適だった。上部の稜線でちょっと風が出た。 1200mで終了点。スノーチェックしてから、27人のグループが狂い叫びながら、滑り降りた。素晴らしいパウダーだった。 トラックと詳しい説明後で。

0

山岳ガイドの研修会:第5日:富良野岳

今日の最後の日の目的は、富良野岳だった。宿から直接スキーをつけてスタート!下部は森の中に通っている。1400mに森から出て、ずっと尾根ぞい、最初スキーで、上部でアイセンで。風が強かったから、ちょっと気をつけないといけなかった。 最初見えない白の中滑り降りた。2回尾根とルンゼを横断してから、また250mh歩いて登ってから、宿までハッピーハッピー滑り降りた。 楽しい一日だった。皆さんこれからそれそれの場所へ行ってしまう。また一緒に山に行こう! 家に戻ってから、詳しく情報を書いて、GPSトレックをアップする。

0

山岳ガイドの研修会:第3日:旭岳

前の晩大雪で旭岳に向かって、温泉に入ったり、晩御飯を食べたりした。そのあと遅くまで山岳ガイドの物語ばかり話して喜んだ。もちろん、お酒(何種類も)とおかつがいっぱい! 今日旭岳でヴァリアント・スキーだった。パウダー、北海道の特別のパウダーをはじょめて食べた。沢山! 寒さ(ー20度以下)で雪が形を変わって、ちょっと固いパウダーになった。参加者のMさんとTさん、ありがとうございます! 家に戻ってから、もう少し詳しく説明を書く。

0

山スキー:御世仏山 (Ski tour Miyobutsu-san)

パウダー、パウダー、パウダー。その上、近いし、斜度はつまらなくないし、天気も最高だったし、まるで、完璧な山の一日だった!五箇山の御世仏山(みよぶつさん)はこれから好きな山になりそうだ。 (A short route (650mH) near Gokayama, easy access, good steepness of the slopes, a very nice ski touring experience. See below for a short summary and kml file)

0

山スキー:三方岩岳

パウダー天国へ行ってきた。先週末岐阜側の白山スーパー林道の周りにある三方岩岳。夏の時、何回も行った山なんだけど、冬季の初めてだった。前の日々雪がいっぱい降っていたから、大変なラッセルになりそうだった。やっぱり、力がいれないといけなかった。 (Bad weather, but perfect powder on Sanpoiwadake near the Hakusan Superrindo, Shirakawa-go side. See below for a short summary and kml track) 深い雪と強風なのに、山上まで行った。

0

山スキー:仁王山

オーストリアの旅の時、雪が沢山降ったから、ずっと山スキーを楽しみにした。一昨日やっと富山県の仁王山(におうやま)を登ってきた。天気予報が悪くても、とっても素晴らしい一日だった。

0

こんシーズンの初滑り:立山

北陸のスキーシーズンは普通に1月位始まる。そこまで待つのは、難しい。高度が高くて、アルペンルートで行きやすい立山は、11月中助かる。今週末の日曜日は、営業の最後の日だった。その後富山県側から入れない状況になる。いい天気予報を加えて、僕は絶対に行きたかった。一つの問題だけ:前の晩、朝の1時まで、友だちとの宴会。。。朝の体が重いいいい! でも、なんとか起きて、電車(!)で富山駅用立山駅まで行った。朝食なし、飲み物なし、しんどかった。でも、朝の苦労こそあれ、室堂のテラスに出で上の景色を見て、やっぱり価値がある!

0

山スキー:北ノ俣岳

大学の講義のストレスなのに、土曜日山スキーに行った。友達に誘われて、長い北ノ俣岳の予定だ。長長いので、金沢の出発は朝の3時! その辺の山スキーは初めてだから、とても楽しみにした。上部の景色は本当に素晴らしかったけど、夜の10時頃金沢に着くのは、大変だったのに、素晴らしいツアーだった。

0

朝山スキー 白谷山

先週末山へ行ってないし、素晴らしい天候になりそうなので、朝のスキーツアーへ。Yasuhiroさんの例をあげて、朝起きる事が大嫌いな僕は今朝朝の2時に起きて、富山県の千東ダム・利賀川の周りの白谷山へ行ってきた。それは最高だった!

0

山スキー マルツノボリ山

火曜日の祝日五箇山のマルツノボリ山へ行ってきた。朝まだ少し曇っていたけど、その後一日気温が低くて晴れだった。一言で最高!ラッセルが大好きな僕は久しぶり深い雪に一日新しいトラックを作ってよかった。この感じの為山へ行っている!

0

山スキー 越前甲

ようやく山スキーに行ってきた。本当に永久にやっていない感じだった。週末へ行ってきたので、先週大雪を楽しめなかったから。月曜日年休をとって、友達二人と一緒に福井県の越前甲を訪ねた。パウダーが多かったから、幸せだった。