バックカントリー 神奈山 (Ski tour Mount Kanna)

北海道だけじゃなくて、北陸でも素晴らしいパウダーがいっぱいある!そして、北海道の硬いパウダーに比べたら、うちのパウダーはとっても柔らかい。先週末このパウダーが沢山沢山沢山食べていた。新潟県の妙高山のとなりの神奈山を登って、狂って狂ってパウダーに滑り降りた。

Above the world, above the troubles

そこは、ヘリコプターが欲しかった。何回も何回も山頂に戻って、滑り降りたかった。最高の日だった。

朝駐車場でのビーコンチェックと準備ができてから、すぐスキー場から出て、最初の急な尾根を登った。北陸の珍しい晴れの日で、雪がキラキラした。

Morning tracks

急な尾根を過ぎた時、広い尾根に着いた。この尾根はだいたい山頂まで続いている。最初とっても広くて、気持ちいい。他のグループと一緒に行って、互いにラッセルしてから、めちゃ楽に上がってきた。

Today we are blessed with sunshine and warm temperatures

この広い尾根はだんだん狭くて、急になった。もう森から出ていたから、北陸の珍しい感じだ。この広い斜面を登る機会をもっともっと欲しい。

Slowly the slopes are getting steeper

右側の急な斜面に入らないように、尾根の端の近くに、ターンしながら登った。

Gaining height on the ridge

尾根から妙高山は素晴らしい景色だ。

Mount Myoko is standing nearby

尾根の上部に急な段があった。普通にそこアイゼンとピケルを使わないといけないけど、今回の大雪のため、ターンして上がった。

The final step. Normally one needs crampons and axes here, but today there is lots of snow.

最後の15mだけちょっと怖がって、右の斜面そんなに入りたくなかったから、スキーを外して、歩いて続いた。

The last meters to the top of the step are quite steep, and the slope on the right side scary, so I decided to walk up as far as possible instead of zick-zacking up there.

急な段を過ぎてから、また易しい尾根を山頂まで向かっている。風がない山頂でゆっくり昼食したり、喋ったり、周りの広い眺めを楽しんだりした。

Approaching the last step

その後、雪狂!写真を撮る余裕もないし、ずっと大叫びで滑り降りた。最高!!!

Arlberg technique in perfection!

スキー場に戻って、もう一度見返す:そこの尾根を登った、山頂まで。本当にいいツアーだ!

Looking back on the ridge we climbed. Looks nice.

大満足の皆、宿に移動して、温泉と夕食と二次会を楽しんだ。特に二次会の時現れている面白い話って、びっくりした。参加者の皆さん、ありがとうございます。

他の写真を見たかったら、「Skitour Kannasan 神奈山のバックカントリー February 2015」の写真ギャラリーを見てください。

このツアーのトラックをここからダウンロードできるし、下記の地図でも見える。

A great trip in Niigata prefecture on Mount Kanna, right next to Mount Myoko. A first step step leads to a long ridge that gets steeper and steeper. The last part of the ridge to the top often needs crampons and axes to climb, but this time was extremly good conditions. One step was quite steep and flanked by a bit scary faces, so we walked for a short stretch. Skiing down was pure powder pleasure! Track can be downloaded from here.


Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre lang="" line="" escaped="" cssfile="">