Tagged: Italy

everything related to Italy
イタリアのボーゼンの美しい山 0

イタリアのボーゼンの美しい山

今年の夏北イタリアのボーゼンで行うESSLLI 2016で教えって居る。毎日の午前中講義があるので、なかなか長いエクスカーションができなかったけど、一日の午後ボーゼンの近くのハイクをした。

7

美味しいコーヒー豆

今日悲しい朝だった:うちの一番好きなコーヒー豆がなくなった。昔イタリアのトスカナのシエナ市に住んでいた時、できるだけ毎日このお店でコーヒーを飲んだ。コーヒーということは、日本で一番人気な「フィルターコーヒー」かアメリカン・コーヒーじゃなくて、ちゃんとしたエスプレッソ、カフェ・マキアート、朝食のためにカプチーノ。

シエナのチェルトサ・ディ・ポンティニャノ(Certosa di Pontignano, Siena) 0

シエナのチェルトサ・ディ・ポンティニャノ(Certosa di Pontignano, Siena)

12月は出張ばかり:最初いつものスウォンジーだったけど、その後久しぶりに昔住んでいたシエナへ。シエナの近くにあるチェルトサ・ディ・ポンティニャノ(Certosa di Pontignano)において去年なくなったシエナの先生の記念学会が行った。

0

ビニチョー カポッセラ:スタンコ・エ・ペルデュト

昨日短時間帰国してる心に近い友人は自宅に来てくれた。今年カナダで新しい生活を初めた彼と昔いつもいっつも興味深い話した。今回も深夜までいろんな話になった。宗教など孤独感など正反合など。その様な人は僕に対して珍しい。

2

シエーナのパーリオ

何年間イタリアの[p2p slug="toscana"]トスカーナ[/p2p]のシエーナに住んでいた僕に対して、7月2日は特別の日だ。パーリオの日!この日とこの日の周りの何ヶ月、シエーナに住んでいる人は考えがたった一つがある:世界の一番綺麗なカンポ広場で行われている「Il Palio」(イル・パーリオ)!

4

Language confusion

I have lived about 2.5 years in Italy, more specific in Siena. And till today I have many good friends there. During my time in Italy I learned quite a bit of Italian, or...

0

Italo Calvino: Le città invisibili

Everyone which has fallen in love with travelling should read this book: Arrivando a ogni nuova città il viaggiatore ritrova un suo passato che non sapeva più d’avere: l’estraneità di ciò che non sei...

0

Gounot and Schubert in the Bar

Yesterday something strange happened: After half a day fighting with the Italian bureaucrazy I return to bar next to the university for a coffee. While sipping this elixier of life, another man enters, he...

0

Le sottigliezze della lingua italiana

Le sottigliezze della lingua italiana Eccone alcune particolarmente interessanti: Un cortigiano: un uomo che vive a corte Una cortigiana: una mignotta Un massaggiatore: un Kinesiterapista Una massaggiatrice: una mignotta Un professionista: un uomo che...

0

Un Sonetto per Grotte di Castro

Uno degli miei amici ha vinto una premia per un sonetto bellissimo che tratta la sua zona dintorno di Grotte di Castro. Io non volgio publicarlo, ma mi è piaciuto tantissimo, forse perchè l’amore...