ビニチョー カポッセラ:スタンコ・エ・ペルデュト

昨日短時間帰国してる心に近い友人は自宅に来てくれた。今年カナダで新しい生活を初めた彼と昔いつもいっつも興味深い話した。今回も深夜までいろんな話になった。宗教など孤独感など正反合など。その様な人は僕に対して珍しい。その様な話出来る相手はなかなかいないから、感謝してる。一緒に朝食を食べてから、彼は行ってしまった。次の出会いはいつだと誰もしらない。切ない。大学行く時、今日紹介する歌をずっと僕の頭の中に回っていた:ビニチョー カポッセラのスタンコ・エ・ペルデュト。イタリアの住んでいた時、いろんなイタリアの音楽を聞いて、だんだん好きになった。ファブリツィオ·デ·アンドレはもちろん、他の好きな歌手もいっぱいいる。その中にビニチョー カポッセラ(Vinicio Capossela: 英語のウィキペディア公式サイト)も入ってる。

capossela

この歌をよくイタリアの友人と一緒に歌っていた。切ない話、複雑な話なんだけど、心を触れる話だと思う。Rさん、昨日来てくれて、ありがとう!

Vinicio Capossela
Stanco e perduto

ビニチョー カポッセラ
スタンコ・エ・ペルデュト

Stanco e perduto
ma ero allegro quando me ne andai di casa
e certe stelle splendevan forti
a far luci e ombre
sul mio cammino
perso e solitario
non riesco a ricordare
le tristi notti degli occhi
e le corse dietro alla luna
fuggite via
疲れて失われたけど
陽気に実家から去るとき
多少の星は強く輝いていた、
明暗を与えてる
僕の小径の上
失われて、孤独感で
眼の寂しい夜を
覚えられない、
月の裏側の走行、
逃げて!
E le colline sembravan fantasmi neri
su un fondo blu
e le strade piuy’ misteriose d’adesso
facevan largo
alla nostra euforia
la notte passava in fretta
e non sarebbe piu’ tornata
fuggita via
anche lei
丘は青空の前にある
黒い幻を見える
今の不思議な道は
僕らのユーフォリアのため、
開ける
慌てて夜は走っていく
再び帰らない
この夜も逃げた
E proprio l’altro giorno un vecchio amico
mi dice corri a casa
tutto e’ cambiato
tua sorella aspetta un figlio
e tuo padre
ha bisogno di te
subito a casa
ちょうど先日昔の友人に
言われたのは実家に帰ろう
全部変わった
妹は妊娠だ
父はあなたを要る
今すぐ実家で
E io che posso fare
stanco e perso su una strada
questioni di sfratto
faccende di soldi
ma non importa
prendero’ il primo treno
e verro’ la’
僕は何を出来る
道沿いの疲れて失われた僕
強制退去の話
お金の問題
重要じゃない
最初の電車に乗って
あっちへ帰る
E ora questa storia sembra un vecchio ritornello
una serenata
fatta a una luna traditrice
e mi trovo tutto solo qui a cantarla
tutti gli altri sono scappati via
poesie, folletti, pazzi
amori persi e diventati
nostalgia
この話を古いリフレーンみたい
裏切りの月のために作られた
セレナーデを
ここに一人で歌うみたい
他の人は皆逃げ出した
詩、子鬼、アホ
ノスタルジーになった失った愛

聞きたかったら、ここのバーションが大好き。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>