Japan

201 posts

everything related to Japan

山菜の終了:ウドのパーティー

金曜日の夜東京からの帰宅して、土曜日を山菜、特にウドに供えた:午前福井県の友人との集合で、山に向かっていた。雪が沢山残っているから、大丈夫だと思ったけど、やっぱりウドの時期は終わった。本気で探したけど、少しだけを見つけた。帰り道蕎麦屋によって、美味しい昼食を食べた。その後自宅で採った山菜をきんぴらと天ぷらにして、刺身を加えて、いろんな酒(スパークリングワイン、ビール、日本酒など)に合わせて、めちゃ旨いウドパーティーになった。 ウドのくき(?)のきんぴらはスタートだった。ちょっと辛くてビールとLo Spritzに合わせて、前菜ぽくてたべた。 ウドの天ぷらと刺身をメーンとして、つまみの魚(何だかな)。やっぱり山菜天ぷらと美味しい冷酒は僕の天国だ! 毎年一緒に山菜を楽しんでくれる友人のお陰様で、また素晴らしいウドディナーができた。これで今年の山菜季節が終わった。残念です!!和食の中一番珍しく、特色がある山菜は本当に僕に好物だ!好物より、山菜中毒かな?

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Running in the Kanazawa hills

Sometimes I needed a short break from work, and usually I go a bit running. Normally I run between five and ten km, just around our flat. But yesterday I somehow thought it might be a good idea to run through the hills near by. I usually drive up there to a climbing spot or a cafe, so it will […]

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

剱岳:源次郎尾根

もう2週間前やっと剱岳の源次郎尾根を登ってきた。これまでだいたいすべての剱岳の尾根を登ったのに、源次郎尾根はまだだった。そして、今回普通の登山じゃなくて、ガイド仕事としてお客さんを連れて行った。とっても天気で恵まれて最高の3日間だった。 技術的にはそこまで難しくないこの尾根のいい点が一杯ある:景色もちろん、その上剱岳の山頂までの一番直接な尾根だ。とってもキレイ! Short English summary: Climbing Geniro Ridge on Tsurugidake. Technically not too difficult, this ridge offers one of the best routes onto Tsurugidake. The views and the fact that one reaches directly to the summit, makes this ridge very popular. A GPS track (kml) is available at the end of the page.)

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Gaisi Takeuti, 1926-2017

Two days ago one of the most influential logician of the 20th century has passed away, Gaisi Takeuti (竹内 外史). I had the pleasure to meet this excellent man, teacher, writer, thinker several times while he was the president of the Kurt Gödel Society. I don’t want to recall his achievements in mathematical logic, in particular proof theory, because I […]

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

ピクニック、山菜、幸せ

春になると山菜の季節に入る。今年も福井県の友人と大野市の牧場へ行ってきた。目的が2つあった:ピクニックと山菜。その後自宅で豪華な山菜夕食を食べて、いっぱいの美味しいお酒を飲みながら遅くまで喋った。幸せな時間だ。 このような季節はずっと続いてくれたらうれしい。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Ryu Murakami – Tokyo Decadence

The other Murakami, Ryu Murakami (村上 龍), is hard to compare to the more famous Haruki. His collection of stories reflects the dark sides of Tokyo, far removed from the happy world of AKB48 and the like. Criminals, prostitutes, depression, loss. A bleak image onto a bleak society. This collection of short stories is a consequent deconstruction of happiness, love, […]

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

I. J. Parker – The Dragon Scroll

Very enthralling and entertaining criminal story set in the 11th century Japan, the starting point of a series of novels around Sugawara Akitada (菅原 顕忠), a fictional official/scholar in the Heian period who solves several difficult cases using his great balance of knowledge and common sense. Akitada is sent to the far north (nowadays around Chiba) to check what has […]

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

John Oliver and news in Japan

Yesterday evening I was enjoying several features by John Oliver, mostly about the upcoming election in the US (Scandals), but also one of the best features I have heard from him on Guantánamo. It sadly reminded me of the completely different landscape in Japan. Not only since the unprecedented warning to close down “biased” broadcasters by the Ministry of Internal […]

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Yukio Mishima: Patriotism (憂国)

A masterpiece by Yukio Mishima – Patriotism – the story of love and dead. A short story about the double suicide of a Lieutenant and his wife following the Ni Ni Roku Incident where some parts of the military tried to overthrow government and military leaders. Although Lieutenant Takeyama wasn’t involved into the coup, because his friends wanted to safeguard […]

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

吉本ばなな:デッドエンドの思い出

吉本ばななの短編集「デッドエンドの思い出」は人間のつらさの話する。吉本氏は後書きに下記のとおりかいた: 私はばかみたいで、この小説集に関しては泣かずにゲラをみることができなかったですが、その涙は心の奥底のつらさをちょっと消してくれた気がします。 なるほどと思った。一人旅間にこの本を読んで、何回も悲しく寂しい夜を過ごした。人間のつらさ、とこのつらさを超える話を読んで喜んだ。素敵な本だと思う。 いずれにしても神様は何もしてくれやしない。 この短編集に5つの短編が含まれてる:「幽霊の家」、「おかあさーん!」、「あったかくなんかない」、「ともちゃんの幸せ」、と短編集の名前に与える「デッドエンドの思い出」。1つつ静かな話だ。話は早くないし、人間関係と人間感覚に集中してるし、とっても好きな本だった。昨日の晩友人と深夜まで話す時、パウロ・コエーリョの「アルケミスト」という本が出ていたけど、比べたら吉本の本は測れないほどの方がいいと思う。その考えの理由は吉本は教えたくない、教えていない。そのかわりにコエーリョの本は宗教的な教科書みたいだ。でも、「De gustibus non disputandum est!」 吉本の短編の中に一番好きなのは、「ともちゃんの幸せ」と「デッドエンドの思い出」かもしれないけど、本当に決めること難しい。この二つの短編のなか、人間関係のつらさとその解決・回復方法をすごく上手に書いてあると思う。男性の僕なのに、たまに涙でるほど感動した。 遠くに光る夕焼けみたいにきれいな、私の、一回しかないこの体に宿っている命のことを。 とってもおすすめの本だ。大好きなスタイル、大好きな話題(友川のつらさの歌!)、そのうえ、日本語の学生の僕のためちょうどいいレベルだった。 最後に吉本氏の後書きの言葉: さらにばかみたいだけど、私はこの中の「デッドエンドの思い出」という小説が、これまで書いた自分の作品の中で、いちばん好きです。これが書けたので、小説家になってよかったと思いました。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

パン屋 NiOR

パンというもの、本当のパンというのが大好きな僕は、いつも美味しいパンを探したり、すべての新しいパン屋を試してみる。野々市に住んでる場合は、ジョアンというパン屋さんは一番人気だと思うけど、僕の感覚の中、ジョアンはパン屋ではありません。ジョアンはペストリー、お菓子を作ってる。商品の9割りは変わったことだ。よくとっても美味しいペストリーを作ってるけど、パンではありません。 最近うちの近所にできた「NiOR」というパン屋は全く違う。神様から送ってもらったみたい。パンを作ってるパン屋。 これから幸せな生活が始まります!

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Osamu Dazai – No Longer Human

Japanese authors have a tendency to commit suicide, it seems. I have read Ryunosuke Akutagawa (芥川 龍之介, at 35), Yukio Mishima (三島 由紀夫, at 45), and also Osamu Dazai (太宰 治, at 39). Their end often reflects in their writings, and one of these examples is the book I just finished, No Longer Human. Considered as Dazai’s master piece, and […]

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

TeXworksとptex2pdfの自動設定

TeX Live 2016は最近リリースされたから、日本語の環境によく使われてる「ptex2pdf」に対応してる設定を自動にTeXworksに入れてることになった。したがって、これまでに必要なTeXworksの設定は自動に更新されている。 というのは、ptex2pdfのパケージが更新されてる時、下記のチェックの上、設定を変更されてる:

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

さよなら幽霊塔

6年以上北陸先端科学技術大学院大学の同じオフィスで働いていた。去年度先端大学は僕の契約を延長してくれなかった。4月からバカな研究員の契約になって、週4時間だけでバイトしている。4月から今週まで自分のオフィスを使えていたけど、これもオシマイだ。これで僕が好きな幽霊塔から離れている。 幽霊塔というのは簡単に説明できるよ:僕以外そこにいる研究者は一人だけだ。この人に六年半前に日本に呼ばれたんだけど、彼も退職して、たまに大学行って研究してる。 これからこの幽霊塔で彼は一人で過ごさないといけないことになった。僕自身はこの幽霊塔の生活を楽しんでいたけど、たまに他の人と話すことも大事だと思ったんだ。これからそれは幽霊塔の中では全く無い。 面白いことは、去年僕らの幽霊塔の隣に新しい塔を建てても、誰も入ってい来ない感じだった。全く。先端大学は経済的にちょっと複雑な時間を漂ってるけど、誰も要らない塔を建つ余裕がまだ一杯ありそうだった。その代わりにうちに契約を延長してくれなかった。おめでとう! 冗談じゃないよ。この幽霊塔の中、オフィスが約50ありますよ!なんだけど、誰もいない。。。そしてこれからもう一人がなくなる。将来的にこの幽霊塔の使い方を楽しみにしてる!ホテルかな?いない学生のアパートかな?誰も参加していない部活の集合室かな?実は全くわからないけど、先端大学の偉いマナジャーは絶対に分かってるぞ。確信してるよ。 大変な時期で上司に信じないといけないことだろう!?でも、文句を言いたくない。新しいオフィスをもらったから、まだ普通の大学生活を送ることができる。もちろん、移ることは大変だったけど、まー、いっぱいを捨てって、良い機会だった。一つ気になることがある:これから僕の昔の先生は、全く一人でこの幽霊塔で、大丈夫かな??でもね、仕様がない、上司に信じないといけない。どんなにバカだとおもっても。。。 残ってることはいい思い出だ。うちのポストドックとの時間、いい研究した時間、先端大学の為に無駄に頑張った時間。新世界だ。僕はドヴォルザークを聞く方が好きだ。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author