TeXworksとptex2pdfの自動設定

TeX Live 2016は最近リリースされたから、日本語の環境によく使われてる「ptex2pdf」に対応してる設定を自動にTeXworksに入れてることになった。したがって、これまでに必要なTeXworksの設定は自動に更新されている。

texworks-edit

というのは、ptex2pdfのパケージが更新されてる時、下記のチェックの上、設定を変更されてる: 続く

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

ptex2pdf release 0.8

I have uploaded ptex2pdf to CTAN. Changes are mainly about how files are searched and extensions are treated. ptex2pdf now follows the TeX standard, that is:

  • first check if the passed in filename can be found with libkpathsea
  • if not, try the filename with .tex appended
  • if that also does not fail, try the filename with .ltx appended.

This also made finding the .dvi file more robust.

texworks-edit

The files should be in today’s TeX Live, and can be downloaded directly from here: ptex2pdf-0.8.zip, or only the lua scrip: ptex2pdf.lua.

For more details, see the main description page: /software-projects/ptex2pdf (in Japanese) or see the github project.

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

ptex2pdf 0.7

ptex2pdfを更新した。これまでptex2pdfでコンパイルするファイルを普通のファイル・テストで探したけど、カレントディレクトリに存在しなくて、kpathseaで見つけられるファイルを使えなかった。ファイル・テストを変えて、kpathseaで探すことにした。TeX Q&Aでバグレポートを出したhogeさんにありがとう。

texworks-edit

明日からTeX Liveのバーションがアップされるつもりだ。CTANにもアップした。ダウンロードは「ptex2pdf-0.7.zip」、lua scriptだけ欲しかったら、こっち:「ptex2pdf.lua

使い方等のため、特別のページを見て下さい:/software-projects/ptex2pdf.

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

ptex2pdf 0.6

ptex2pdfを更新した。すごく簡単な変更なんだけど、Cygwinの上に必要だ。shebangの「texlua」の後、余分な空白があった。すごく古いバグだ:2013年にツイッターで最初に述べたようだ。

texworks-edit

明日からTeX Liveのバーションがアップされるつもりだ。CTANにもアップした。ダウンロードは「ptex2pdf-0.6.zip」、lua scriptだけ欲しかったら、こっち:「ptex2pdf.lua

使い方等のため、特別のページを見て下さい:/software-projects/ptex2pdf.

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

ptex-ngとtlptexlive

最近出来た新しいTeXエンジン「ptex-ng」(github,TeX Wiki)をtlptexliveに加えた。

tlptexlive

今のところ、次のシステムのバイナリが出来た:i386-linux, x86_64-linux, universal-darwin, x86_64-darwin, win32。使い方はtlptexliveのページに説明された。tlptexliveのレポシトリーをもう利用中ならば、簡単な「tlmgr install ptex-ng」してから、「ptex-ng」と「platex-ng」を使えるようになった。

注意:TeX Liveの更新が昨日うまく行っていないので、フォーマットを作成の時、エラーが発生する。明日(12月14日)のTeX Liveの「kpathsea」の更新が必要だ。急いだら、下記のラインを「texmf-dist/web2c/texmf.cnf」に加えて下さい:

TEXINPUTS.ptex-ng   = .;$TEXMF/tex/{uptex,ptex,plain,generic,}//
TEXINPUTS.platex-ng = .;$TEXMF/tex/{uplatex,platex,latex,generic,}//
Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

ptex2pdf v0.5

ptex2pdfを更新した。角藤さんのおかけで、Windowsでuptexを使う時、「command_line_encoding」を「utf8」に設定する修正点。

texworks-edit

明日からTeX Liveのバーションがアップされるつもりだ。CTANにもアップした。ダウンロードは「ptex2pdf-0.5.zip」、lua scriptだけ欲しかったら、こっち:「ptex2pdf.lua

使い方等のため、特別のページを見て下さい:/software-projects/ptex2pdf.

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

TeX Live 2014のtlptexlive

TeX Live 2014の準備はよく続いているから、tlptexliveのために準備も始まった。角藤さんと北川さんのお陰で、(u)pmpostのpatchesが現在のsvnに対応された。その上、ptexのinhibit-glueパッチをupstream svnに入れた。

tlptexlive

バイナリーの状況

  • win32(角藤)
  • i386-netbsd(北川)
  • i386-freebsd(村上):FreeBSD 10.0
  • amd64-freebsd(村上):FreeBSD 11.0
  • i386-linux(北川)
  • amd64-linux(Norbert):Debian SID

その以外前のとおり、「hiraprop」と結構古い「pxdvi」のパッケージが用意された。

使い方

tlmgr repository add http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/ tlptexlive
tlmgr pinning add tlptexlive '*'
tlmgr install pxdvi pmetapost

pxdviを使いたい場合は、パッケージに含まれていないリンクが必要だ:
texmf/web2c/texmf.cnf -> ../../texmf-dist/web2c/texmf.cnf

注意:これから前のTeX Liveリリースの対応しているtlptexliveのURLが変わった:

  • TeX Live 2011: http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/2011/
  • TeX Live 2012: http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/2012/
  • TeX Live 2013: http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/2013/
  • TeX Live 2014: http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/

バイナリの作成

新しいバイナリがないアーキテクチャの持っている人は下記のスクリプトで作成が出来る。その場合は、僕に「binaries.zip」を送って下さい: http://www.preining.info/software/build-tlptexlive-latest.zip

問題があれば、ここのコメントをお願いします。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

tlptexlive 2013

TeX Live 2013TeX Live 2013のリリースから時間が経ったけど、ようやくtlptexliveのリポシトリを更新した。更新されてる点は下記にとおりだ。

  • dvipdfmx: papersize fixes (svn r31398, report)
  • dvips: BoundingBox in vertical mode (svn r31350, report)
  • potential bug in ptexenc (svn r30905)
  • e-(u)pTeX pdffilemoddate primitive (svn r30897)

それと、前に含まれているペッケージは今もう入っている:pmetapost, hiraprop

今のところは用意されているバイナリは少ない、少し新しいバイナリが加えると思う。8月15日の状態は:

  • x86_64-linux, i386-linux, i386-netbsd, x86_64-darwin: ptex, uptex, dvipdfmx, dvips, pxdvi, (u)pmetapost
  • 他のバイナリ: pxdvi

使い方は「tlptexliveリポジトリ」で書いてあるけど、簡単に
tlmgr repository add http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/ tlptexlive
tlmgr pinning add tlptexlive '*'
tlmgr install pxdvi pmetapost
tlmgr update --all

使える。

pxdviを使いたい場合は、パッケージに含まれていないリンクが必要だ:
texmf/web2c/texmf.cnf -> ../../texmf-dist/web2c/texmf.cnf

これから前のTeX Liveリリースの対応しているtlptexliveのURLが変わった:

  • TeX Live 2011: http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/2011/
  • TeX Live 2012: http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/2012/
  • TeX Live 2013: http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/

問題があれば、是非Wikiページかここのコメントをお願いします。

[updated 2013-08-19]

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Setting up kanji embedding in TeX Live

Together with Hironori Kitagawa (北川 弘典) we finally updated the instruction on kanji embedding based on jfontmaps. The page is located at http://tug.org/texlive/updmap-kanji.html and describes the status of the upcoming TeX Live 2013 release. I have already described the changes in the post on jfontmaps release 20130410.0. Notable additions to the mentioned page are

  • description which font set has support for which character collection
  • order of family selection explained

We hope that this helps users to set up proper kanji embedding according to the specific needs. If there are any suggestions or request, please contact us (via the usual email lists, the TeX QA forum, a comment here, …).

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author