TeXworksとptex2pdfの自動設定

TeX Live 2016は最近リリースされたから、日本語の環境によく使われてる「ptex2pdf」に対応してる設定を自動にTeXworksに入れてることになった。したがって、これまでに必要なTeXworksの設定は自動に更新されている。

texworks-edit

というのは、ptex2pdfのパケージが更新されてる時、下記のチェックの上、設定を変更されてる:

  • 日本語の環境(LANG=ja_JP)
  • TeXworksのtools.iniというファイル(Windowsの場合はTW_INIPATHのkpathseaの環境変数を使う、その以外~/.TeXworks/configuration/tools.ini)ptex2pdfに対応してるコンフィグがない

これまで設定されてないユーザーは新しい「tools.ini」を作って、デフォルト+ptex2pdfの設定が入ってる。

このプロセスはptex2pdfの更新の時に行うけど、欲しかったら、tlmgrを使って行える可能性である。これは特に日本語の環境に働いていないユーザーの場合は便利だ。

僕のLANG設定は英語(en_US.UTF8)だから、TeXworksを起こしたら、この様なツールスがある:
texworks-tools-1

その後tlmgrを使って、ptex2pdfのpostactionを行う。同時にLANGに日本語に変更する:

$ LANG=ja_JP.UTF8 tlmgr postaction install script ptex2pdf
(ptex2pdf postinst: adjusting TeXworks tools.ini) 
$

これでTeXworksのツールスが変わった
texworks-tools-2

役に立つとおもってる。問題が発生の場合は、連絡ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre lang="" line="" escaped="" cssfile="">