ウイーンの名物:あんずたけ・ゼンメル入りだんご

キノコが大好きな僕は、日本の立派なキノコをよく食べているけど、日本のキノコとヨーロッパのキノコが全く違うなので、ウイーンの出張の時、友人からウイーンの名物「あんずたけ・ゼンメル入りだんご」を作ってくれた。実は、今のあんずたけの時期だから、もう四回あんずだけをたべた。
eierschwammer6

今回はあんずたけとゼンメル入りだんごだ。

科学的な名前は「Cantharellus cibarius」だ。ドイツのドイツ語に「Pfifferling」だけど、オーストリアのドイツ語に色のため「Eierschwammerl」卵茸という。
eierschwammerl1

あんずたけがオーストリアの森の中に多い。市場でも買えるし、自分でも採集できるし、今回のあんずたけは友人を採ったのだ。
eierschwammerl2

適当な(と伝統的な)副食は「Semmelknödel」というゼンメル入りだんごだ。固くなった、角切りにした白パン、焼いた玉ねぎ、粉、牛乳、塩、卵を混ぜて、少し休ませて、だんごを作って、茹でる。
eierschwammerl5

ソースのため、玉ねぎとあんずたけを焼き、生クリームみたいなものを入れ、ハーブと調味料を加えて、早く出来上がる。
eierschwammerl3

最後にアドバイスをあげる:本当の美味しさを味わうために、だんごを切らなくて、フォークとスプーンを引き裂いて下さい。そうならば、ソースがだんごに吸い込まれて、とっても美味しくなる。

アニカさんとギュンターさん、御馳走様でした!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre lang="" line="" escaped="" cssfile="">