味噌を作った

先週末の悪い天候のため、アイスクライミングが中止になったから、新しい経験の機会が明けた。友達のカフェで行った味噌作り体験に参加した。最近自分で味噌汁を作り始めたから、味噌に興味がだんだん大きくなった。そすると、味噌を作り方を知りたかった。どうになったのをまだ知らないけど、最後幸せげに味噌容器を持って帰った。

Bring the miso home, keep it about 6 months in a cool and dark place

先生方々は前の日大豆の準備してくれたから、それを詳しく見ていない。僕らは最初塩と麹(こうじ)を混ぜる。

First one merges salt and something else

茹でた大豆を潰す。今回パスタ機会様な機会を使った。

Smashing beans, here with a pasta maker

潰した大豆と塩と麹を混ぜて、20分間位スムーズのペーストになるまで叩く。僕のでかい平手のため、結構楽だったけど、周りの女性が困っていた。

Mixing everything into a smooth dough

味噌ペーストでテニス玉のサイズの玉を作る。

Forming balls of the miso dough

作った玉を容器に入れる。その時空気が容器の中に残っていないように。僕はそれを考えて、最初の玉を一所懸命容器に投げて、大きい音を出して、皆をビックリした。

Smash the balls into a container, trying to not leave any pockets of air being closed in

玉が入ってから、上の面を平らにしてから、カビが入らないように塩を面の縁と上の面の上に付ける。

After smoothing the surface salt is put around the rim of the miso paste

空気が入らないために上の面にフォイルを付ける。

Covering the whole with wrapping foil as smooth as possible, no air should enter

また思い塩を載せる。

Put some wait salt ontop of it

最後に黒い袋に入れる。熟する時光が当たっていないように。

Wrap it up in a black bag to protect it from light

この容器を半年位常温の場所に置いて、今年の秋を楽しみにしている!

参加者の皆さんと先生の方々、どうも有難うございます。楽しかった。美味しい味噌が出来ましたら、またブログを書くつもりだ。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>