Tagged: Mountain

2

ハイキング 鞍掛山と県民の森

先週末妻と一緒に第66回全国植樹祭から逃げて、加賀の鞍掛山を登ったり、後山中の県民の森にそばを食べに行ったり、ゆっくり県民の森の中ゴロンしたり、してきた。朝のきれいな新緑の中に鞍掛山を登るのは、とっても魅力的だった。高度はそんなんに高くないけど、登山道はけっこう急で、よくロープを貼った感じだ。 (short description: short but nice hike onto Kurakakeyama, and easy hill in Kaga, but with quite steep hiking path and some ropes. Great views onto Hakusan and the Kaga plains. Track further down.)...

1

大日山と山菜

先週末初めて小松市の一番高い山を登った:大日山。あまり難しくない山なのに、とってもきれいな新緑と素晴らしいブナの尾根を楽しめる。山上からの白山までの景色も素晴らしかった。これまでもう十分なのに、その上あの日いっぱいの山菜、特にコシアブラを採れて、うまい夕食を作った。まるで最高の一日。 実は違う目的に向かっていたけど、工事のため道は通行止になった。それで計画変更して、大日山に行くことになった。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

0

上高地の明神岳の東稜とトラバース (Myojindake E-ridge)

先週末(GWの前の)久しぶり山に入った。上高地の明神岳の東稜を登って、5峰へトラバースしてきた。びっくりほど夏の感じの上高地で、びっくりほど人が少ない週末を楽しんだ。クライミングは技術的に難しくなかったけど、風邪で結構苦しんでいたのに、最高の週末だった。 (English summary, bit more details at the end: easy introductory climb in snow and ice in Kamikochi, followed by a traverse over the ridge. Besides a short rock passage of 3+ no serious...

0

バックカントリー 御前岳下部、またはなぜ北陸が大好き

なぜ北陸が大好きなのは、昨日の一日は一番いい説明だ。朝大雨で出発して、白川郷の周りにバックカントリーに行った。雪が多い斜面で大変なラッセルになって、沢山汗をかいて、稜線まで頑張った。その後、めちゃ深いパウダーの中浮かび滑った。下に着いたから、スキー場である昔の喫茶店、今普通のお家に立ち寄って、美味しい栃餅を食べさせていただいて、金沢までの帰り道途中で温泉に入って、露天風呂からの素晴らしい景色を楽しんで、金沢へ戻った。ここまで普通の山スキーの日だったけど、その後加賀へ向かって、好きなカフェで妻を会って、海岸の散歩したり、夕方のキレイな太陽の光を楽しんだ。 やっぱり、世界この感じで生き過ごせる場所は少ないと思う。だから、この北陸が大好きだ。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

0

バックカントリー 神奈山 (Ski tour Mount Kanna)

北海道だけじゃなくて、北陸でも素晴らしいパウダーがいっぱいある!そして、北海道の硬いパウダーに比べたら、うちのパウダーはとっても柔らかい。先週末このパウダーが沢山沢山沢山食べていた。新潟県の妙高山のとなりの神奈山を登って、狂って狂ってパウダーに滑り降りた。 そこは、ヘリコプターが欲しかった。何回も何回も山頂に戻って、滑り降りたかった。最高の日だった。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

0

ニセコのバックカントリー:羊蹄山 (Ski touring in Niseko – Yoteisan)

山岳ガイド資格更新研修会の後、アドベンチャーガイズの近藤謙司さんにニセコに誘われてもらった。大勢なお客さんと一緒に、二日間ニセコの周りバックカントリーへ。土曜日の朝お客さんを新千歳空港まで迎えに行ってから、バスでニセコへ移動した。この日の午後蘭越町チセヌプリスキー場の周辺短いツアーにした。悪い天候なのに、日曜日羊蹄山を登った。 (English summary: A 2 day trip to Niseko, with a short afternoon tour at Rankoshicho Chisenupuri Ski area and a full tour in bad weather onto Mount Yotei. See below for a bit...

0

バックカントリー 富良野岳

山岳ガイド研修会の最後の日の目的:北側からの富良野岳。今週の毎日のとおり、今日も強風。富良野岳の上部はよく凍っているから、アイゼンとピッケルを持ち、宿から出発。一日バックカントリーを楽しみ。 (English summary: Ski touring Furanodake from the north side. Since the upper parts are often quite hard, crampons and axe are recommendable) 最初道沿い200mくらい降りて、川を渡って、森に入る。森の中のオリエンテーションは難しい。古いトラックがなかったら、この凸凹な環境に迷いそうだ。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

2

ウインター・クライミング 上ホロカメットク山北西稜 (Winter climbing NW-ridge of Kamihorokamettoku)

北海道での更新研修会の第三日の目的は、十勝岳の南にある上ホロカメットク北西稜だった。ガスと強風のせいで、あまり景色と周りの山、特に十勝岳を見られなかった。でも、そんな時間もあまりなかった、クライミングの時。初心者に向けるコースじゃないけど、メガ・チェレンジもじゃなかった。 (Short summary: Winter climbing the north-west ridge of Kamihorokamettoku, a mountain south of Mount Tokachi. Not extremely challenging, but also not a course for beginners. Strong wind and fog. A bit more details...

7

アイスクライミング 北海道・層雲峡・錦糸滝 (Iceclimbing Hokkaido, Sounkyo, Kinshi Fall)

先週北海度で国際山岳ガイドの資格更新研修会に参加した。四日間いろんな活動したり、技術の話したり、練習したり、した。前の日札幌へ行って、一泊して、翌朝Mさんは迎えにきてくれた。3人で錦糸滝を登りに層雲峡へ向かった。 (Short summary: The Kinshi Fall in the Sounkyo gorge in Hokkaido, 3 pitches, graded between 4 and 5. Details and topo further down) 今シーズンの初めてのアイスクライミングなので、ちょっと心配だったけど、楽しかった。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

0

ニセコの山岳スキー:羊蹄山

日曜日のニセコの山岳スキー目的:羊蹄山。駐車場から最初道沿い登って、森に入ってから、だんだんあがっている。下部風がないし、温度もそんなに低くないし、快適だった。上部の稜線でちょっと風が出た。 1200mで終了点。スノーチェックしてから、27人のグループが狂い叫びながら、滑り降りた。素晴らしいパウダーだった。 トラックと詳しい説明後で。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

0

ニセコの山岳スキー:午後のショートツアー

有名人のエベレストを登った近藤謙司さんと26人のお客さんと一緒に山岳スキーへ。朝千歳空港でお客さんを迎えに行って、バスでニセコへ。着いてから、短い午後のツアー。 いいスタートだった。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

0

山岳ガイドの研修会:第5日:富良野岳

今日の最後の日の目的は、富良野岳だった。宿から直接スキーをつけてスタート!下部は森の中に通っている。1400mに森から出て、ずっと尾根ぞい、最初スキーで、上部でアイセンで。風が強かったから、ちょっと気をつけないといけなかった。 最初見えない白の中滑り降りた。2回尾根とルンゼを横断してから、また250mh歩いて登ってから、宿までハッピーハッピー滑り降りた。 楽しい一日だった。皆さんこれからそれそれの場所へ行ってしまう。また一緒に山に行こう! 家に戻ってから、詳しく情報を書いて、GPSトレックをアップする。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

0

山岳ガイドの研修会:第4日:上ホロカメットク北西稜

今日のプログラムは、ウィンタークライミングだった。目的は上ホロカメットク北西稜だった。駐車場からスノーシューズで稜線のスタートまで行って、そこアイセンを付いて、行こう!下部は簡単なアイセン・ハイキングだったけど、上部でちょっとクライミングが必要だった。 4・5ピチューを登ってから、尾根に出た。その後急な谷を降りた。早い午後宿に戻って、温泉に入って、晩御飯を食べて、今二次会中。乾杯! 家に戻ってから、もう少し詳しく書いて、GPSトラックをアップする。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

0

山岳ガイドの研修会:第3日:旭岳

前の晩大雪で旭岳に向かって、温泉に入ったり、晩御飯を食べたりした。そのあと遅くまで山岳ガイドの物語ばかり話して喜んだ。もちろん、お酒(何種類も)とおかつがいっぱい! 今日旭岳でヴァリアント・スキーだった。パウダー、北海道の特別のパウダーをはじょめて食べた。沢山! 寒さ(ー20度以下)で雪が形を変わって、ちょっと固いパウダーになった。参加者のMさんとTさん、ありがとうございます! 家に戻ってから、もう少し詳しく説明を書く。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

3

山岳ガイドの研修会:第2日:錦糸の滝

雨の中、札幌から出発した。2時間半運転してから、層雲峡に着いた。駐車場から30分ゆっくり歩いて、錦糸の滝を見えて来た。 3ピッチの4・5級の滝なんだけど、温度が暖かくて、氷がやわらかくて、易しかった。 家に戻ってから、もう少し詳しく説明とトポを書く。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr

0

山岳ガイドの研修会:第一日:準備

今日から山岳ガイド研修会に参加する。昨日金沢から札幌へ来て、ここに一泊した。これからアイスクライミングへ。昨日の夕方ずっと準備した。今回の準備はちょっと面白かった:普通に高級ホテルの部屋の中、アイスクライミングの準備しない。。。 何で高級ホテル?僕もしらないけど、今回札幌駅のまわりの一番安いホテルは「札幌アスペンホテル」だった。ま、わるくない(笑)。 よし、始まりましょう! emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr