2015年の誕生日

こないだ僕の誕生日だった。いつもの仕事が多いうえに、東京への日帰りの出張なので、パーティーの時間があまりなかった。妻とのデートは出張の直後だった。次の朝、ネットで入ったお祝いを読んだり答えたりした。もちろんフェースブックでの一番多かったけど、やっぱりメールで入ったお祝いの方が心に触れた。特に二つのお祝いが気に入った。一つはこれだった:
norbert-thinker

カナダに行ってしまった心の友から上の絵を描いてもらった。特に彼が書いた漢詩は素晴らしかった:

秋宵一刻値千金
酒有芳醇食進進
議論百出耳鋭敏
時過君懐心深深

蘇軾が書いた有名な「春宵一刻値千金」という漢詩に基づいて、僕らの関係とよく一緒にした活動を響いてる漢詩を作ってくれた。漢詩と漢字が上手じゃない僕に説明も書いてくれた。漢詩以外彼が描いた絵もそっくりだ、顔のシワまで!

他の気に入ったお祝いは又詩だった、今回チャールズ・ラムの「The Old Familiar Faces」:

I have had playmates, I have had companions,
In my days of childhood, in my joyful school-days,
All, all are gone, the old familiar faces.

I have been laughing, I have been carousing,
Drinking late, sitting late, with my bosom cronies,
All, all are gone, the old familiar faces.

I loved a love once, fairest among women;
Closed are her doors on me, I must not see her ―
All, all are gone, the old familiar faces.

I have a friend, a kinder friend has no man;
Like an ingrate, I left my friend abruptly;
Left him, to muse on the old familiar faces.

Ghost-like, I paced round the haunts of my childhood.
Earth seemed a desert I was bound to traverse,
Seeking to find the old familiar faces.

Friend of my bosom, thou more than a brother,
Why wert not thou born in my father’s dwelling?
So might we talk of the old familiar faces ―

How some they have died, and some they have left me,
And some are taken from me; all are departed;
All, all are gone, the old familiar faces.
— The Old Familiar Faces by Charles Lamb

両方共の詩はちょっと切ない感じを伝える。それは僕の年齢の問題かなと思ってる。来日してから、僕の人生は変わってきた。この六年の間も結構変わってきた。変更が行うのに、心の友が残ってほしい。年とったら、大切に考えられた事は変わる。友人と過ごす時間は大事だと思う。仕事あっても、いろんな雑事まみれになっても、友人と家族ぐるみの時間、僕らは埋め込まれた人間関係の網を大事に。

この同時に簡単と複雑な垂示を覚えさせてくれた友人に感謝してる。

3 Responses

  1. 今坂 竜士 says:

    朋(とも)あり遠方より来たる
    また楽しからずや 「論語学而編」

    遠方にいるからこそ、会えた時の喜びはひとしおですな!

    http://kanbun.info/keibu/rongo0101.html

  2. Liam Huang says:

    Happy B-day (what a late greeting…)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre lang="" line="" escaped="" cssfile="">