柿くへば。。。ー 二つの解釈

日本語の先生は正岡子規の下記の有名な俳句を読ませてくれた:

kakikueba

柿くへば
鐘が鳴るなり
法隆寺

日本語のクラスの後、自転車での通勤しながら、解釈を考えた。そして、妻の意見と感覚を尋ねた。全然違う解釈その結果をここに述べる。

まず、句の言葉の説明:明治時代の正岡子規の言葉なので、ちょっと変わった形がある:「くへば」は「食えば」で、「鳴るなり」は「鳴る音あり」(ナルネアリ->ナルナリ)だと聞いていた。そして、「法隆寺」は奈良の有名なお寺。

自分の解釈

(注意:つまらないから、ずっと「。。。と思う」等を書かない。今後は全部僕の考えだ。)

全体的に僕が受けた印象は「季節の変わり」の感じだった。暖かくて、幸せな夏から、寒くて、ちょっと寂しい冬に移動季節。

「柿」について:柿は秋の実もちろん、柿の色は紅葉を覚えさせることだ。そして、柿が2つの種類がある:夏の甘さと幸せを覚えさせる甘い柿、と冬の辛さを覚えさせる渋い柿。柿の実を選ぶと、両方の感じを引き入れることができた。他の日本人と話すと、もう一つの点を気がついた:柿を食べる時間は朝じゃなくて、午後・夕方だ。一日が大体終わって、冬みたいな暗さの夜になっている。

「柿くへば」について:日本人はそれを考えないかもしれないけど、外国人の僕はそれを読むと、「カキク」を聞いて、「カキクケコ」に続きたい。簡単な言葉の遊び。

「鐘が鳴るなり」について:鐘の音は特別:鐘を打ったから、長い時間続いて、だんだん弱くなって、だんだんなくなる音だ。最初の夏の賑やかな音から最後の冬の静かな音の思い出。ちょっと寂しい感じでゆっくり静まっていく。「鳴るなり」の選ぶのは、鐘を打つこと(鐘をなる)じゃなくて、その後の音(音あり)の感じを指示したい。

「法隆寺」について:自分で行ったことがないけど、日本文化の中、お寺というよく「終了」の感じと繋がって、神社というよく「開始」の感じと繋がる。そのとおり、お寺を選ぶことは、また冬に指示する。なぜちょうどこのお寺を選んだのは、わからないけど、もし世界最古の木造建築物があって、冬はどんなに辛くても、また夏になって、長生のこころの望みに指示するかもしれない。

従って、僕に対して、この句は日本人が鑑賞する変換、特に季節変換、の感覚を綺麗なイメージに包んで、人間と世界の無常を覚えさせる。

妻の解釈

妻に聞いて、全く違う絵を作ってくれた:妻に対して、この句は明るいイメージを覚えさせる:学校から戻る少年は、夕方の柔らかい陽の光に法隆寺の前の柿の木を通って、こっそり木を登って、甘い柿を食べながら、学校が終わったこの今の時間を楽しんでいる。その時鐘がなって、お母さんが待っているから、早く家に帰らないといけない感じ。

とっても綺麗な絵だと思う。日本語の先生に両方の解釈を伝えたから、先生はやっはり妻の解釈がよくわかっていると言われた。他の日本人と話すと、よく似っている解釈が出てくる。僕の感じの中、鐘の音はすごく早朝につながっている。なざならたまに朝の坐禅に行く僕に対して一番よく聞く鐘の音は、朝の座禅の時の鐘だ。日本人では、夕方の鐘の音。

この短い句の中に、いろんな他の解釈があるはずだけど、この二つを比べると、尊敬します。素晴らしい句!

他の解釈があれば、是非ここに聞かせてください!

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

One thought on “柿くへば。。。ー 二つの解釈”

Leave a comment

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>