GW 2014 – ラ・フォル・ジュルネ金沢

今年のGWの時、いつものとおり、「ラ・フォル・ジュルネ金沢」が行われていた。いつも山か旅ばかり行ってる僕は初めて見に行った。今年のテーマは「プラハ・ウイーン・ブダペスト」だった。ウイーン人の僕はやっぱり見聞に行くはずだった。

La Folle Journee - great concert: Schubert

久しぶりにクラシック音楽を聞いてよかった。

行った演奏は「ウイーンのシューベルト」と「ドヴォルザーク・ドホナーニ」だった。シューベルトの演奏家はセバスチャン・ハウプマン(Sebastian Huppmann、ウイーン人)とルイザ・アルブレヒトヴァ(Luisa Albrechtova、プラハ人)だった。二番目の演奏のはモディリアーニ弦楽四重奏団(Quatuor Modigliani、パリ)だった。

演奏の間少し出て、ワイン(オーストリアの赤)と面白い形のクラッカーを楽しんだ。自転車で来たので、大喜び!

Break time - red wine and funny cracker

音楽堂の演奏会は有料(それと、高かった!)だったけど、外にいろんな無料パフォーマンスが行われていた。これはハンガリーの民族音楽楽団「ムジカーシュ」だった。

Free spectacle with Hungarian Dances

駅ホールの中もピアノ演奏だ。大勢の旅行者が急ぎ止めて、音楽を楽しんでた。

The Kanazawa train station also featured music events during La Folle Journee

最後に駅のまわりにひょうひょうと歩いてパーティー・ムードを喜んだ。

Poster of La Folle Journee in the entrance area of Kanazawa main station

最高な機嫌で自転車に乗って、近くのレストランでペコペコのお腹を満足させて、家へ帰った。そこで太陽はまだテラスを照りつけながら、僕らは午後をゆっくり終えた。

来年又行こう!

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>