ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2014 ー 寛容の優勝

今年のユーロビジョン・ソング・コンテストは特別のコンテストだった。今年は周辺化された社会部分の優勝だ。勝者はオーストリアのコンチータ・ヴルスト(Conchita Wurst)だ。これまで特別じゃないけど。。。コンチータ・ヴルストは女性みたいけど、ドラァグクイーンだ。

wurst

それと、本当に素晴らしい優勝した事は、特にロシアのプーチンを結構怒らせた!

去年同性愛に関して法律を変えたロシアの中の反応は激しかった。特にウラジーミル・ジリノフスキーはちょっと箍を外したみたい:

五十年前ソビエト軍隊がオーストリアを進駐した。オーストリアから外す事は間違った。そこに残った方がよかったのに

もちろん、プチンと他の人も、皆「ヨーロッパの終わり」等のバカバカしい話してる。何だ?だって、ロシアの政治家なんか、わけわからない。黙りなさい、バカ!

ロシアの政府は同性愛が嫌いって他の国に降ろさないでください。ロシアの政治家は18世紀に戻りたかったら、どうぞ、先に!僕らはそうじゃないぞ。

よかったのは、世界中ヨーロッパとユーロビジョン・ソング・コンテストの寛容が褒められてる。その考え方はロシアに理想になって欲しい。。。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>