グルジアの観光:ムツヘタ

グルジアの観光地の一番はムツヘタだ。紀元前1000年以前から継続的に居住する都市で歴史的な建物と古後が残っている。それと1994年に世界遺産になった。15年前初めてムツヘタを訪ねたけど、あの時ムツヘタはまだ主に遺跡だった。今そうではない。町をちゃんと新たにされた。


ムツヘタの一番有名なのはスヴェティツホヴェリ大聖堂だ。今の大聖堂は11世紀に建てられたけど、その前のは4世紀からあった。

大聖堂の内側の壁は昔々壁画に飾れていたけど、19世紀にツアー・ニコライが来る前全てのか壁画が(しっくいを?)白く塗られているから、修復してから、現在また色な壁画を見える。

ムツヘタは週末の時結婚町になる。日曜日そこへ行って、新郎新婦がど何数人も現れて、現地の文化の少し見通しを許している。

大聖堂の中色な大切な人々のお墓がある。

15年前のムツヘタに何もなかったけど、今は綺麗な町並みが多いし、お店も、レストランも、観光客に向けている。

ムツヘタから出て、クラ川を渡って、丘の上に発掘現場があって、そこから素敵な形式が開いている。色な遺跡を観て、一つはワイン作るための大きい瓶。昔のギリシャの作り方とグルジアの作り方は同じだ。瓶に入れて、少しパンを加えて、酸素ない熟する作り方だ。

ムツヘタの二番目の有名な観光点は川の向こう側丘の端にある「ジワリ修道院」だ。そこから一番上の写真を撮った。そこも日曜日の新郎新婦が多い!

ジワリ修道院の入口で売店も、バレル・オルガンも、お客さんのラリ(グルジアの貨幣)を聞いている。

トビリシ戻る前ムツヘタとスヴェティツホヴェリ大聖堂の上に虹が現れて、満足に戻った。

他の写真は「Impressions from Georgia September 2013」という写真ギャラリーを見てください。下の地図に大聖堂と修道院が表示されている。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>