宮崎駿:風立ちぬ

kazetachinu結局宮崎駿の新しい映画「風立ちぬ」を見に行った。これまで見た映画「風の谷のナウシカ」、「もののけ姫」、「崖の上のポニョ」は全て面白くて、ストーリーボードは多層で、子供も大人も楽しめたから、新しい映画もそのとおりになると期待していた。

元々「風立ちぬ」は堀辰雄が書いた小説で、その後漫画もと二回映画になった。映画は主人公「堀越二郎」の話を伝える。子供の時から飛行機が好き、東京大学で航空学を卒業して、三菱内燃機製造に務めて、「零戦」という有名な戦闘機を設計した。映画はだいたいこのストーリーと恋人との話する。

映画のアニメーションがさすが完璧で音楽も似合って、時間を面白くに過ごしたが、今回の映画は深さが欠けていると思う。ストーリーが角がなくて直接に進んで、最初から最後までに驚いたことがなかった。先に述べた映画と比べたら、多層性と驚きがあまりなかったから、ちょっと残念な感じで期待に達していない。そう言っても、他の宮崎じゃない映画と比べたら、面白くて、見る価値がある。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre lang="" line="" escaped="" cssfile="">