小川山のアルパイン・クライミング:涸沢2峰 正面ルート

小川山のアルパイン・クライミングの第二日:涸沢2峰 正面ルート(4ピッチ)。あの日めちゃくちゃ人が多かったから、Tさんが選んだちょっと離れたルートはちょうど良かった。アプローチは一番難したかった。やっぱり、分かりにくいけど、やっと見つけた。ルートの最初のピッチは難しい、かなり難しい。プロがないスラブ。その後楽しいクライミングだった。

English summary: Multi-pitch climbing in Ogawayama, day 2: Second Karasawa Tower, Direct Route (4 pitch). The hardest piece is the approach which is easy to mess up. Then a slabby and difficult first pitch leads to very nice and not too difficult climbing in the upper parts. Very recommendable.

Searching for the non-existent holds

朝の爽やかな空気と緑に囲まれてる林道を歩いて登山道の入口を探している。

Morning sun on the way to Karasawa Towers

林道から離れて、沢をずっとずっとこの看板を見えてくるまで登るはずだ。一回わかったら、そんなに難しくないけど、初めての人に対して、迷いやすい!ヒント:下にGPSトラックがありま〜す。

Important hint along the difficult to find approach path

最初のピッチに入ってる僕は。ボルトが一個以外、全部ナチュプロなので、スラブに入る前ちょっといいプロが欲しい。

The crux of the Direct Route 正面ルート on the second tower of Karasawa Iwa 涸沢2峰

2ピッチ目は少し左右行ったり切ったり、終了点に着いた。3ピッチ目では、左のバリアントを選んだ。下からみると、ちょっと曖昧で、行きづらい感じだったけど、一気に入ってから、全然面白いピッチだった。上の終了点から採ったMさん。

Third pitch variant, some nice steps to scale

最後のピッチはちょっとチムニーぽかった。下部は嫌らしいアンゴル、上はクラックとチムニーの間。

Last meters to the top

上からビレーしてる僕は。とっても楽な終了点だった。

Me belaying at the top

山上の皆の写真。

Our group today, happy after a great climbing

山上から2峰と3峰の間に3回懸垂してから、サックのデポーに着く。とっても楽な下山だった。

Rappeling down between second and third tower

キャンプ場に戻った時、ビールを飲みたかったけど、ダメだった。片付けて、石川県まで帰らないと。大変だった。

Packing up everything for the long ride back to Ishikawa

小川山はいつも楽しい。大好きなクライミング・スポットだ。また早く行きたい。今回の合宿の皆様、どうもありがとうございました!めちゃいい時間を一緒に過ごしていた。

他の写真を見たかったら、「Multi pitch climbing in Ogawayama 小川山のマルチ・ピッチ・クライミング July 2015」の写真ギャラリーを見てください。

このツアーのトラックをここからダウンロードできるし、下記の地図でも見える。


Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>