クライミング 三宅島 第二日

三宅島の第二日に冨賀浜へクライミング行ってきた。前の日のPO壁のクライミングはすごくよかったし、夕食も二次会も朝食も美味しかったし、高い望みで第二日へ。朝食の前超元気な友達は早早く起きて、島の一周にした。朝のゾンビの僕は、ゆっくり朝食時間まで寝たけど、その後一周の写真を見ると、参加できなかったのは、バカだったと自分に怒っていた。しょうがない、戻ろう!

Walking on the lava cliffs

今日のクライミング・スポットは冨賀浜だ。宿から車で10分離れて溶岩の海岸の駐車場からまた15分歩くと、素敵なクラックだらけの壁に着く。最初Mさんの練習のため一番簡単なルート「セコンド」(5.7)を準備し、Mさんは最初トップロープにする。「ジャムの学校」(5.9)というとなりのルートをキョンさんはすぐチェレンジする。見るたけ冷汗をかく僕は震えていた。やっぱりキョン師匠は強い!

Before the crux of Jam School 5.9

「ジャムの学校」の右のルートはまた5.9の「磯ひよどり」のクラックチェレンジを僕は承る。特に最初の指クラックはきつかった。Mさん、いつものとおり元気なウキウキに「セコンド」をトップロープし、またリードし、すぐ「磯ひよどり」に入った。どこから力をもらうと知りたい!

Masumi in Isohiyodori (5.9) - difficult for 5.9!

5.9のルートが難しすぎたから、変わった僕は右側の「御前」(おんめ、5.10b)を登って見た。このルートに入るため、結構急なオーバーハングを超えて、長いクラックを続いて、最後にまた核心がある。ずっっっっっと怖がっていた僕は下から上までいっぱいのカムを入れて、「いつか難しくなるはず!」と思いながら登ったけど。やっぱり、最初のハングも上部の狭いクラックも大丈夫だった。オンサイトって嬉しい。その後僕らのガイドOPANDAさんも登った。

Toprope in Onme 御前 5.10b

キョン師匠はもちろん余裕が溢れながら、ダンサーみたいに上までに登った。彼女を見たら、そのルートも登り降りる余裕じゃないのと思った。あの時キョン師匠からサインを頂いたら、よかったのに!将来超有名になるはずだ。有名なクラッククラインバーより!もしかしたらWolfgang Güllichよりかもしれない。

Enjoying a perfect lead in Onme 御前 5.10b

今日登ったルートの写真:一番左のクラック:「セコンド」(5.7)、真ん中のクラック:「ジャムの学校」(5.9)、右側のクラック:「磯ひよどり」(5.9)。

left crack: Second セコンド 5.7<br>
middle crack: Jam-no-gakko ジャムの学校 (Jam School) 5.9<br>
right crack: Isohiyodori 磯ひよどり 5.9

光陰境の右のクラック:「御前」(5.10b)。下のハングも見える。左の「クラッククラブ」(5.11a)を登ってない。(ちなみに、「光陰境」の言葉を理解できるかな?)

left crack: Crack Club クラッククラブ 5.11a
right crack: Onme 御前 5.10b

残念ながら、午後の1時半の出港のため、もう帰らないといけない。名物ののり弁当を買って、クライミング店とカフェの主人を訪ねて、宿へ。帰り道の海が静かになりそうなので、こここのとっても美味しいのり弁当とビールを楽しんだ。なんか、珍しい感じ:クライミングの後ビールを飲める事は。北陸の僕はクライミングの後大体いつも運転しなきちゃからだ。う〜〜〜まい!

Noribento - loads of sea weed on rice - delicious

今回三宅島は欠航になっていないから、午後2時頃船に乗ると、島にバイバイをして、帰る。時間が足りなかった。もっともっとクライミングしたかったけど、まだ機会があるぞ!

Bording the ship - this time more relaxed, the sea is calm

金曜日の行く時の海と帰るのは、全然違う感じでぐっすり寝て、夜の7時頃東京湾に入った。その時夕暮れの中から富士山が表せて、とってもいい感じで東京に着いた。

Fuji is greating us while entering into Tokyo Bay

その後車に乗って石川へ帰るつもりだったけど、車のバッテリーがあがって、ちょっと大変になったけど、結局朝の3時半金沢森本に無事に着いた。

参加者の皆様、どうも有難うございました。幻想的な旅だった。

他の写真を「Climbing Miyakejima 三宅島 March 2014」の写真ギャラリーを見てください。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

2 Responses

  1. OPANDA says:

    また行くっきゃないね  一周しないと

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>