クライミング 敦賀の岩場

残念ながら、冬既と共にスキー既設もそろそろが終わりそうな感じ。その代わりに暖かい日の数が増えているから、クライミングの既設だ。日曜日敦賀の岩場、素晴らしいクライミングスポットを教えてもらった。前の晩友人のお家で遅くまでの宴会で体が重くになったから、一日クライミングで体からお酒を出すために頑張ってきた。

クライミング 敦賀の岩場


北陸のクライミングスポッツが少ないから、来日から室内のクライミングがばかりなのに、実はつまらないと思っている私はいつも外の岩場を探している。去年友人が敦賀の岩場の写真をみせてくれたら、めちゃくちゃの行きたい感じが出た。宴会の週末は完璧な機会だ。朝は皆一緒に朝食を食べたら、出発へ行くぞ!

クライミングスポットまでの道はちょっと厳しかった、なぜなら海の上に濡れている岩を横断の時波が結構近づいてきた。

Traverse around the first corner was critical, waves were splashing up

横断の後とても素敵な湾

On the way the climbing area

無事に着き、ルートの状態のチェック。強い風でまだ濡れているルートばかりだから、僕は一番易しそうなルートを選んで、リードを始まる。思ったより難しかった、やっぱり、濡れている10abは難しい!

Leading the first - slightly wet - slab route

最初のルートのクラッグライン:皆最初登る時左のカミンを使うことはちょっとインチキな感じ。再発は直接にクラッグを登ってみる。

A sunny but nasty crack

午後になったら、右側のルートも登れる事になって、太陽が当たっているとても素敵なカンテを楽しんでいた。

Sunny ridge on perfect rock

結局太陽が岩の後ろに消えて、回収して、この幻想的な場所を「バイバイ」と言う時間になってしまった。最後にマムートのような写真を撮って帰りましょう。

After a full day of climbing - content and ready for the Onsen

参加者の皆様に有難うございます。この週末の様な経験の為に生きている!

他の写真は写真ギャラリーの「Climbing Tsuruga March 2013」を見て下さい。

&sp;

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>