Tagged: Game

2

Gaming: The Talos Principle

Over the last weekends I finally managed to finish The Talos Principle, all of its endings. Compared to the actual play time I needed for , namely about 12 hours, The Talos Principle challenged...

3

Challenging riddle from The Talos Principle

When I recently complained that was too easy, I have to say, The Talos Principle is challenging. For a solution that, if known, takes only a few seconds, I often have to wring my...

10

Gaming: Portal 2

It took me ages to finish , but Portal 2 was different – I moved through the games in high speed. Actually playing time was the same, but I played a bit more often...

27

Gaming: Portal

Ok, I have to admit, I sometimes do game – and recently I finished Portal. Quite old (released in 2007), but still lots of fun. I started playing it about one year ago, off...

0

カタンの開拓者

やっと買った!カタンの開拓者!昔々ウインに住んでいた時よく、ホントによく「カタンの開拓者」というボードゲームをした。メチャ面白いと思う。自分のターンじゃない時、普通のボードゲームはよくつまらなくてまたなくちゃいけない。ターンの人は忙しくて忙しくてやっているけど、他のプレーヤーはする事がない。カタンの開拓者けど、ちょっと違う。自分のターンの時、ずっと他のプレーヤーと話して、駆け引きは必要で、誰も暇になれない。 最初の準備は初心者だったら、ちょっと時間がかかっても、慣れたら早く出来る。出来たら、左の写真みたいな眺めだ。各自のプレーヤーは開拓地が2つと道が2本で始まる。目的は開拓地(1点)をたって、都市に変更(2点)し、道を作って(一番長いのは2点)、盗賊を動かして他のプレーヤーから資源カードを盗んで、結局最初に10点になる事だ。開拓地と都市だけでちょっと難しくても、特別の点が色々あるから、普通に一回が終わるまで、30分位かかる。 ゲームは少し続けたら、色々の道、色々な開拓地と都市が現れている。今日二人でやったけど、実は4人は一番面白いと思う。スタンダード・ゲームだったら、4人まで大丈夫だけど、6人までの拡張版もある。もちろん、6人用拡張版も、船海者版も買っちゃったから、是非是非一緒に遊びましょう! 一つだけちょっと気になった:昔持っていた版は街道のコマも、開拓地のコマも、都市のコマも、全て簡単な形だけど木造だった。日本版では、全てプラチックのコマになってしまった。触れる感じがままし、シンプルな木造のコマと比べたら、見た目は事々しい。そう言っても、ゲーム運びが変わっていないから、すごく面白い。 今度自宅に来たら。。。 emailPrintFacebookGoogle+TwitterLinkedinFlattr