雑穀谷の沢と釣り

先週末の土曜日はっじめてつりに行ってきた。残念ながら、釣りすることにならなかったけど、いい見学と体験になった。友人の5人と一緒に立山の雑穀谷に行った。この雑穀谷の下部に何回もクライミング行ったけど、今回上部の沢を登りながら、鮎と岩魚を釣るつもりだった。朝からずっと小降りだったので、途中で帰ろうと思ったんだけど、今日の釣りの先生のWさんはそんなこと全く考えていなくて、立山駅まで行って、滝の方入った。沢の入口までちょっと特別の道だった:最初普通の登山道、その後大きい送水管の沿いに登って、トンネルを抜けないといけない。

Fishing ayu and river trouts

一般の道からそんなに離れていないけど、とっても世界から離れた感じの沢だった。

駐車場から最初普通の登山道を登る。昔下から送水管の横に登ったみたいだけど、下部本当にめちゃ急な階段なので、今となりの登山道(管理の道?)を半分くらい登る。

The first 30min along a service path for the water pipe line

その後巨大送水管の横の急な階段をだんだんあがる。

Approach along the water tubes

送水管を登りながら、変な事を見かけた。それは何??いったい、これで直すはずじゃないでしょう?

Does this really work? Fixing tubes in this way?

長い階段のトップに着いたから、珍しい経験がはじまる:800mの長さのトンネル。びっくりしたことは、トンネルの中めっちゃ涼しかった、寒かった!トンネルの地面のしたずっと水が流れてる音も聞こえるし、暗かったし、ちょっと怖い感じだった。

The long tunnel to the start of the Zakkoku-river

実は僕は恐怖を考える余裕がなかった:なざなら、このトンネルはずっとちょうど1.8mの高さだった。1.97mの身長の僕は、トンネルの中ずっとずっと大所で食器洗いする姿だった。背中いっっっっったいいいい!

What was worst was that it was only 1.80 over 800m, so quite a pain for me.

やっとトンネルを抜けたから、沢のスタート。もう5年以上使ってる僕のボロボロの沢靴だ。今日は最後の日かな?

My well used Sawa-shoes, maybe the last time?

W先生は釣りの時。ありえないくらい上手だ。紐を投げるし、魚を引っ張るし、何でもとっても自然にとっても上手にやった。見るだけで感動した。いい見学になった!

More fishing - master in action!

6人の間は半分初心者、半分プローの人だった。はじめて竿を使うのは、やっぱり難しい!

First experience throwing the fly, not easy!

実は最後の渓谷まで行きたかったけど、途中で雨がだんだん強くなったから、皆横川の急な斜面の泥流をに心配になったから、渓谷の300mの前にやめて帰ることにした。

Retracing our steps after the rain got too strong

帰り道のトンネルの入る前に、そこの橋に乗って、上からの景色を楽しんでいた。下への眺めはすごい。とっても急なドロップだ。

View from the bridge at the entrance of the tunnel into the lower parts of Zakkokutani

最後にまた普通の登山道を降りながら、幻想的な景色が広がった。あまり日本じゃなくて、南米の感じだった。

Impressive scenery before reaching the valley floor

今日W先生は一人で7匹を釣った。僕は2匹をもらって、夕食の為に塩焼きに作った。ご馳走様でした。皆さん、僕の初心者を参加させて下さって、ありがとうございます。とってもいい経験になった。また釣りに行きたい。

他の写真を見たかったら、「雑穀谷の沢と釣り August 2015」の写真ギャラリーを見てください。

このツアーのトラックをここからダウンロードできるし、下記の地図でも見える。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre lang="" line="" escaped="" cssfile="">