Tagged: Society

0

小松市のお旅祭り

今週末小松市でお旅祭りが行っていた。この祭りの時、でかい曳山が市内を引っ張って回されている。それは日本全国よく行う習慣なんだけど、小松の場合は、その後この曳山の上に、子供の歌舞伎が行う。 小学生の子供達は、素晴らしい上演した。 emailPrintFacebookTwitterLinkedinFlattr

0

木と人間の根

一昨日大久しぶりに好きな温泉へ行ってきた。普通に貸し切り露天風呂を使っているけど、今回二階の男子露天風呂に入った。露天風呂からの景色がすごく平和な感じだ。でかい木々が立っていて、風の中少し揺れている。冬の雪の重量も絶える。夏の暑熱も耐える。やはり強い根がある。 そこの露天風呂の中、自分の根がどうだろうと思った。自分も根を下ろしたい。時間が飛んでいる。年々に人生を送りながら、時間が飛んで行く。まだ根がない。いつかどこかそなる? とこになろうとわからないけど、この素敵な露天風呂を忘れず、生き続きます。 emailPrintFacebookTwitterLinkedinFlattr

1

100th anniversary of the Armenian Genocide

Exactly 100 years ago the first genocide of the 20th century started: The Armenian Genocide at the hands of the Turks. The Ottoman empire, the predecessor of Turkey, ordered the deportation and execution of...

0

Murakami Haruki’s answer on atomic energy

The well known writer Haruki Murakami (村上春樹) – I have blogged about several of his books – also provides some kind of counseling service. He is running his advice page 村上さんのところ. The readers can...

0

Gedanken zum 11. März

Vor 4 Jahren das Erdbeben, vor 4 Jahren Fukushima. Wie weit ist Tohoku wiederhergestellt, wie weit ist Tohoku wieder aufgebaut? Gleichzeitig wird für die Tokyo Olympics Unmengen Geld weggeschmissen. Absolut unverständliche Vorgehensweise. Ich verstehe...

0

3月11日の考え

四年前の地震、四年前の福島。東北はどこまで回復、どこまで復興された?同時に東京オリンピックにいっぱいのお金が捨てられている。わけわからないやりがた。意味がまったく理解できない。4年前石巻へのボランテイアの時の状況の印象がまだ強い。去年の8月一緒に行った友人はまた東北へ行った。正面的に復興したけど、目の前の周辺から出るたびに、また大変な状況ばかり。 本日の思い出の日、今まで東北に苦しんでいる人々、仕事がないし、家もないし、応援もなくなったし、その上世界と日本のメディアと日本の意識から消えてしまった人々を考え、熱、同情を送りましょう。 emailPrintFacebookTwitterLinkedinFlattr

0

映画の広告:標的の村

最近琉球と沖縄の歴史について、いろんな本を読んでいた:ノーマ・フィールドの「」、知花昌一の。ちょうどこの時、映画広告を見つけた:「標的の村」(イメージにクリックすると、ポースタが見せられている) 石川では、一日で二回だけ上映される。3月7日(土)、14:30と19:00。上映場は:〒924-0024 白山市北安田町112−1(つながりの家)。僕は切符をJO-HOUSE高尾台で買った(美味しいカレーを食べながら!)。 沖縄、政治等に興味が持っている方、是非見て下さい。 emailPrintFacebookTwitterLinkedinFlattr

0

Charlie Hebdo attack

The killing of journalists at Charlie Hebdo by islamic extremists yesterday is another sad point. Around the world, caricaturists answer with design in memoriam the death at Charlie Hebdo. I am well aware that...

0

Chibana Shoichi – Burning the Rising Sun

At first I wanted to write my own review of this book, where the author describes his story of taking down and burning the Hinomaru during a Softball Competition Opening Ceremony in Okinawa. I...

0

A Tribute to Discomfort

Stop doing what you are doing! Stop it, NOW! Here it is, I have never, absolutely never seen something as similar to what I am thinking before. The whole point summed up into one...

0

Movie: Almanya – Welcome to Germany

The (not so new – 2011) movie “Almanya – Welcome to Germany” (IMdB, 日本のサイト) took me by surprise. A comedy that ingeniously plays with common cliches about Turkish immigrants in German, but never drops...