Monthly Archive: February 2014

0

Kobo Glo firmware 3.2.0 et al.

After some calm period a new firmware for the Kobos, all of them. The latest one being 3.2.0. The new firmware brings several changes to the handling of selection and related operations like highlighting,...

0

朝山スキー 白谷山

先週末山へ行ってないし、素晴らしい天候になりそうなので、朝のスキーツアーへ。Yasuhiroさんの例をあげて、朝起きる事が大嫌いな僕は今朝朝の2時に起きて、富山県の千東ダム・利賀川の周りの白谷山へ行ってきた。それは最高だった!

0

Jhumpa Lahiri – The Namesake

Another book that I bought inspired by the NPR’s Book Concierge for 2013 is Jhumpa Lahiri’s The Namesake. It is the first novel of the Indian American author Jhumpa Lahiri. In 2010 she won...

2

ファブリツィオ·デ·アンドレ(Fabrizio de Andrè)

最近友川かずきの歌を英語でここに紹介した。これは僕の「J-Pop反対」の活動だ。今回日本人の為イタリアの一番有名で影響が強い歌手を紹介すると思う:「Fabrizio de André」(ファブリツィオ·デ·アンドレ)。 イタリアのジェノヴァ(Genova)に1940年に生まれて、18歳から1999年の死去までずっと音楽をしたり、アルバムを作成したり、特に社会の「アンダードッグ」負け犬を支えたり、カトリック教会を冷評したり、今までイタリアの全ての音楽を影響した。 1980年サルディーニャ島の反徒に拉致されて、何月もサルディーニャの山岳に押さえられた。身代金を払ったようでやっと彼が放れた。その後デ・アンドレは反徒を支えて、特別のアルバムを録音した。 デ・アンドレは色んな歌手の影響されていた。特にジョルジュ・ブラッサンスとレナード・コーエン。互いに、もう15年前なくなっても、彼もこれまでのイタリア音楽に強い影響を与えている。どんなに強い盈虚だったのに、イタリアの外国にデ・アンドレはあまり有名じゃない。実はイタリア人以外「デ・アンドレ」を聞いた事がある人をあった事がないと思う。 残念ながら、僕自身はデ・アンドレをライブに見た事ないけど、彼の演奏が有名だった。よく舞台の上に一つの椅子とワイン一本だけあった。演奏中ワインを沢山飲みながら、歌を歌たり、タバコを吸ったり、自分の哲学の話したり、したようだ。先月の友川かずきの演奏に出席の時、デ・アンドレを思い出した。(タバコとお酒以外けれども) これから色んなデ・アンドレの歌を日本語に翻訳してみようと思っている。

0

味噌を作った

先週末の悪い天候のため、アイスクライミングが中止になったから、新しい経験の機会が明けた。友達のカフェで行った味噌作り体験に参加した。最近自分で味噌汁を作り始めたから、味噌に興味がだんだん大きくなった。そすると、味噌を作り方を知りたかった。どうになったのをまだ知らないけど、最後幸せげに味噌容器を持って帰った。

2

Debian/TeX Live 2013.20140215-1

Another month, another upload of Debian/TeX Live packages has hit the Debian servers this moment, and will find its way around the globe in the next hours. The new version is based on tlnet...

0

山スキー マルツノボリ山

火曜日の祝日五箇山のマルツノボリ山へ行ってきた。朝まだ少し曇っていたけど、その後一日気温が低くて晴れだった。一言で最高!ラッセルが大好きな僕は久しぶり深い雪に一日新しいトラックを作ってよかった。この感じの為山へ行っている!

0

Liebe Nor スポンジケーキ

先週末久しぶりにくつろぎ週末だった。遅くまで寝たり、映画を見たり、友達のお誕生日パーティーに参加したり、カラオケを歌ったり(叫んだり?)、一番好きな温泉へ行ったりした。その上妻はスポンジケーキ:「Liebe Nor」を作ってくれて、嬉しい!ウイーン人の僕はお菓子が大好きなので、自分でもよくケーキと等を作っているけど、作ってくれた場合は、美味しさが3倍になるぞ!それと、僕はよくチョコレートのお菓子を作っている。今回のスポンジケーキははじめて!スポンジケーキがイギリスの「sponge」なんだけど、名前はちょっといやらしくない?スポンジで体を洗ったり、窓を拭いたりすると思い出す。 やっぱり、ドイツ語の言葉を使った方がいい:ドイツ語のスポンジは「Biskuit」(ビスクイット)だけど、気をつけて下さい。英語の「biscuit」とドイツ語の「biskuit」が全然違う事だ。「biskuit」の元々の意味はフランス語からの「2回焼いた」という意味そうだ。ドイツ語では、「Zwieback」の単語は同じ意味を持っている。17世紀までずっと硬い焼き物だったけど、17世紀からパン焼き人は卵の白いと黄色い部分を分けて、白い分を叩いて、フアフアの感じの作り方になった。特にオーストリアの洋菓子はよくビスクイットが使われている。祖母の「Biskuitroulade」(ビスクイット・ルラーデ)をよく覚えている。 昨日美味しい晩御飯の後ゆっくりお茶とビスクイットケーキを食べて、幸せだった。一つだけ残念な事だ:花見みたいな経験だった。桜の花も、スポンジケーキも、どちらもすぐなくなる。今度のケーキを楽しみにしてるけど、僕の番じゃない感じだ。何を作ろうと考えたら、またお腹が空いてきた。ムース・オ・チョコラータかな?ティラミスかな?りんごスポンジケーキかな?トプフェン・ストルデェル(Topfenstrudel)かな?決定は、論理学をやめて、ウイーンのお菓子屋を開店しよう!皆さん、是非来て下さい。 最後に妻に有難うございます!

1

Grand Canyon

During our trip to the we had the great chance to visit the Grand Canyon. Although it was a long ride through the desert, it was worth every minute. I have seen so many...

0

八ヶ岳 アイスクライミング

年末年始の温かいから戻って次の三連休八ヶ岳へアイスクライミングに行ったきた。2年まえ初めてそこのアイスを楽しんだから、今回もすごくいい経験だった。特に歩き嫌いな僕は車で八ヶ岳山荘まで行けて、長い入山が要らなくて、とても嬉しかった。

0

Joshua Tree Climbing

Climbing in Joshua Tree National Park is different. Although I have been climbing in a similar area, Yosemite, some years before, when we visited Joshua Tree National Park during our , I again was...