Monthly Archive: August 2013

0

Debian, Virtualbox, and Linux kernel >= 3.7 (3.10)

Since I am always compiling my own kernel, I am often suffering from uncompilable VirtualBox kernel modules. The code that comes with Debian/unstable is unfortunately targetting old releases of the Linux kernel. Compiling it...

2

Recipe: Tiramisu in Japan – an experiment

Yesterday we had visitors, so I decided to try out Tiramisu. Now, normally Tiramisu is made with Mascarpone, a rare beast in Japan, especially in Ishikawa (hint: if someone knows a place where to...

1

沢登 桧谷 九頭竜川水系打波川

先週末また沢になった:福井県の桧谷。金曜日の大雨でちょっと水量の心配と朝の雨なのに、5時半に出発し、白峰用福井県に入って、173号の県道の一番奥までの駐車場に7時半位に着いた。着いた時、まだ雨が降っていた。どうする?とりあえず待ちましょう!8時頃少し雨が止んでから、沢の準備。駐車場から20分位のハイキングコースを続いて沢に着いた。水量が少ないことちゃないけど、心配のわけもない。大丈夫、行くぞ!沢を10分歩いたところ、素敵な滝が現れる。最初エンテだと思ったけど、違う!本当の滝だ。きれい〜!

0

End of three years in Magae

Today I have returned the key to my flat in Magae. Three years, since August 2010, I have been living there. I really got to like the neighborhood, the view onto the school, the...

0

Canyoning in Kurobe

Canyoning – very popular in Europe, not very known in Japan. While I have been climbing up rivers quite some time (see these blog entries), last weekend I had the first time the chance...

0

Tateyama in summer

I have been climbing Tateyama already many times, but always in the snow season. So when last weekend it finally climbed up there for the first time during peak season, actually on the Obon-weekend...

TeX Live 2013 6

tlptexlive 2013

TeX Live 2013のリリースから時間が経ったけど、ようやくtlptexliveのリポシトリを更新した。更新されてる点は下記にとおりだ。 dvipdfmx: papersize fixes (svn r31398, report) dvips: BoundingBox in vertical mode (svn r31350, report) potential bug in ptexenc (svn r30905) e-(u)pTeX pdffilemoddate primitive (svn r30897) それと、前に含まれているペッケージは今もう入っている:pmetapost, hiraprop 今のところは用意されているバイナリは少ない、少し新しいバイナリが加えると思う。8月15日の状態は: x86_64-linux, i386-linux, i386-netbsd,...

0

宮崎駿:風立ちぬ

結局宮崎駿の新しい映画「風立ちぬ」を見に行った。これまで見た映画「風の谷のナウシカ」、「もののけ姫」、「崖の上のポニョ」は全て面白くて、ストーリーボードは多層で、子供も大人も楽しめたから、新しい映画もそのとおりになると期待していた。 元々「風立ちぬ」は堀辰雄が書いた小説で、その後漫画もと二回映画になった。映画は主人公「堀越二郎」の話を伝える。子供の時から飛行機が好き、東京大学で航空学を卒業して、三菱内燃機製造に務めて、「零戦」という有名な戦闘機を設計した。映画はだいたいこのストーリーと恋人との話する。 映画のアニメーションがさすが完璧で音楽も似合って、時間を面白くに過ごしたが、今回の映画は深さが欠けていると思う。ストーリーが角がなくて直接に進んで、最初から最後までに驚いたことがなかった。先に述べた映画と比べたら、多層性と驚きがあまりなかったから、ちょっと残念な感じで期待に達していない。そう言っても、他の宮崎じゃない映画と比べたら、面白くて、見る価値がある。

0

Japanese politics

Fukushima is back, contaminated water is released into the sea. Let us use this opportunity to discuss a bit Japanese politics. It fits quite well with the 68th anniversary of the Hiroshima bombing. Being...

0

沢登り ワ谷 奥医王山

8月なのに、低い山の沢を登ってきた。虫が多くて、特にアブもいっぱいの時沢に入らない方がいいかな〜と疑問したのに、結局すごくいい沢を登って、あまり虫がなくて、とても面白い一日になった。金沢の杜の里で朝7時に集合し、車が2台で医王山の方行って、石切場で車が一台を横谷峠まで止めておいた。他の一台で北川砕石場へ戻る。そこから沢へ。

0

Kobo Abe – The Face of Another

I just finished another book of Kobo Abe (安部公房), called “The Face of Another” (他人の顔). It is the story of a person whose face got severely damaged in an accident, and who builds a...