ptex2pdf

TeXworksで簡単に日本語のドキュメントを使えるための案内。「ptex2pdf.lua」という新しいスクリプトを作成した。このスクリプトでTeXworksの設定が出来るはずだ。

texworks-edit

問題

日本化のドキュメントは普通にptex/platex/uptex/等でdviに変更されて、dvipdfmxでpdfに変更されている。そう言っても、TeXworksの設定は、その作成方法を対応していない。

ptex2pdf

この新しいスクリプトで簡単にソースからpdfに変更出来る。

バーション

現在0.8だ。

使い方

  ptex2pdf [options] filename

対応のoptions:

  • -e: eptex
  • -u: uptex, uplatex
  • -l: platex, uplatex
  • -s: pdfを作成しない
  • -i: dviを消さない
  • -ot : 他のtex options
  • -od : 他のdvipdfmx options
  • -h: help
  • -v: version

ダウンロード

TeX Liveを使っている方の場合は、自動にptex2pdfというパッケージがインストールされている。インストールされていない場合は、tlmgr install ptex2pdfというコマンドでインストールされている。

TeX Liveを使っていない方、ここからダウンロードして下さい:ptex2pdf-0.8.zip、かluaだけ:ptex2pdf.lua

インストール

TeX Liveのtlmgrでインストールされたら、別の活動が必要がない。

マヌアルなインストールの場合は、
ptex2pdf.luaをtexmf-dist/scripts/ptex/ptex2pdf.luaに保存

  • Unix: リンクを作成:bin/ARCH/ptex2pdf -> ../../texmf-dist/scripts/ptex/ptex2pdf.lua
  • Windows: copy bin/win32/runscript.exe bin/win32/ptex2pdf.exe

mktexlsr

TeXworksの設定

Edit – Preferencesで新しいタイプセッティングの件を下記のスクリーンショットのとおりに加える

texworks-uplatex-setup

texworks-ptex-setup

texworks-platex-setup

その後簡単に使えるはずだ:

texworks-edit

texworks-preview

開発場

github: ptex2pdf

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>