朝山スキー 白谷山

先週末山へ行ってないし、素晴らしい天候になりそうなので、朝のスキーツアーへ。Yasuhiroさんの例をあげて、朝起きる事が大嫌いな僕は今朝朝の2時に起きて、富山県の千東ダム・利賀川の周りの白谷山へ行ってきた。それは最高だった!

A great place for a breakfast

野々市の出発は2時半ごろして、高速道路で砺波ICまでに行って、そこから156号と471号を千東ダムまで走る事にしたけど、結構バカバカしいルート選択だった。この471号は面白くて、狭くて、すごく曲がってる道路だ。ま、一回行ってみたら結構だと思う。千東ダムのスタートに4:15に着いて、準備が終わってから、まだ真っ黒の中に入山。

Departure from the car at 4:40

最初から山上まで大体一つの尾根を続ける。スタートから1時間ずっと急に上に登る。汗が沢山かいて、1時間歩いたところ少し休憩だ。GPSでチェックし、ビックリーもう600mを登った、よかったね。今汗のことをわかった。最初ずっと真っ黒かったけど、時間立つ共に空がゆーくり明るくなる。

The first faint light after about an hour

続いて長い平らな横断になって、その後山上までの最後の急な斜面を登る事はまた1時間をかかって、6:35に山上の到着。ちょうど5分待って御来光になる。素晴らしい感じ。そこに一人で座って朝食を食べながら、日の出を見る事が最高・最高・最高!

Nice light, nice snow, nice ski

仕事なので、山上の休憩は15分にして、6:50にスキンを外して、最後の挨拶をする。

Ready for departure, a last view

山頂の辺に木と雪が朝日の光を浴びる。

The trees just below the top in the morning sun

滑り降り始まると、上の尾根も綺麗な光に輝いてる。昔ヨーロッパのアルプスでよくこの感じで山へ行った事があるけど、日本では、これまで大体違う経験だった。こんな美しさを見えるから、嬉しい。

The upper slopes are already in the sun

影に入る前に日本海の方の写真を撮って、周りの山々を見回ってから、太陽にとりあえずバイバイする。

View direction the Japan Sea

先週からずっとだんだん暖かくなってから、雪の質が悪いと思ったけど、上部ではそうじゃなかった。少し固い層の上に半分フアフアのパウダーを見つけた。下部の話をしない。ひどかったから。

There is still powder in the upper slopes

帰り道を選ぶ時朝の間違いをやってなくて、山の神峠を超えて、高落場山のトンネルを抜けて、南東・福光をよって、法林寺温泉まで行って、朝風呂にした。

今日の朝スキーツアーで本当に感動した。朝の光と山の美しさをもっともっと楽しむ事にしようと思う。

2:40 出発野々市
4:40 620m 千東ダム発
5:40 1090m 最初の休憩
6:32 1410m 白谷山の山頂
6:48 1410m 白谷山の山頂発
7:10 620m 千東ダム
8:00 法林寺温泉

他の写真を「Skitour Shirataniyama 白谷山 February 2014」の写真ギャラリーを見てください。

ツアーのKMLは「2014.02.26.Shirataniyama.kml」からダウンロードして、下の地図にも見える。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>